イヌタデ  犬蓼
[別名] アカマンマ
[中国名] 长鬃蓼 chang zong liao
[英名] Oriental lady's thumb ,Asiatic smartweed
[学名] Persicaria longiseta (De Bruyn) Kitag.
Polygonum longisetum Bruijn
タデ科 Polygonaceae  イヌタデ属
三河の植物観察
イヌタデの花
イヌタデの花2
イヌタデの小苞
イヌタデの托葉鞘
イヌタデの果実
イヌタデ葉裏の主脈
イヌタデ
イヌタデ花序
イヌタデの葉
イヌタデの葉表
イヌタデの葉裏
 どこの道端でも普通に見られる。
 茎は赤味を帯びることが多く、葉は互生し、長さ3~8㎝、幅1~2㎝の広披針~披針形、全縁、縁毛があり、先が尖り、基部は楔形。葉裏に腺点があり、主脈上に伏毛がある。長さ1~5㎝の円柱状の総状花序に紅色の花を密につける。花被は5裂し、淡紅色、花後は紅色になり痩果を包んで残る。雄しべは8個。花柱は3裂。小苞は赤色、長い縁毛が多数あり、花の間から突き出る。托葉鞘は長さ5~7㎜の円柱形、先に托葉鞘とほぼ同長の剛毛がつく。痩果は長さ約2㎜の3稜形、赤色の花被に包まれたまま、黒褐色に熟し、光沢がある。2n = 40
 ヒメタデ Persicaria erectominor = Polygonum longisetum var. rotundatum は日本では絶滅危惧種になっている。葉幅が3~6㎜と狭くて葉が細長く、基部は広い楔形。短い葉柄がある。托葉鞘の縁毛は長さ3~4㎜。雄しべが5~7個。中国では圆基长鬃蓼 yuan ji chang zong liaoといい、 葉の基部が円形、雄しべ6~8個、 2n = 20であり、葉の基部が楔形のイヌタデ(雄しべ6~8個、2n=40)の変種とされている。中国のものとは葉幅、葉の基部、葉柄が異なっている。
 類似のハルタデは開花が5~8月であり、托葉鞘の縁の毛は短く、痩果が普通、扁平な円形。
 ハナタデはやや日陰にも生え、葉先が尾状に尖る。花序がやや長く、花がややまばらにつき、イヌタデの細いものとよく似ている。
[花期] 6~10月
[草丈] 20~50cm
[生活型] 1年草
[生育場所] 道端、荒地などに普通
[分布] 在来種 日本全土、中国、朝鮮
[撮影] 豊川市  05.10.15 白色
TOP Back