ボントクタデ  凡篤蓼
[中国名] 伏毛蓼 fu mao liao
[学名] Persicaria pubescens (Blume) H. Hara
Polygonum pubescens Blume
タデ科 Polygonaceae  イヌタデ属
ボントクタデの花
ボントクタデの花被
ボントクタデの花拡大
ボントクタデの托葉鞘
ボントクタデ葉表
ボントクタデ葉裏
ボントクタデ茎
ボントクタデ
ボントクタデ小苞と花
ボントクタデ花被の腺点
ボントクタデ果実
ボントクタデの葉
 ヤナギタデに似ているが、辛味がない。和名のボントクは愚鈍者を意味するポンツクのことで、辛味が無い事から。
 茎は赤色を帯び、上向きの伏毛が多い。葉は互生し、長さ5~10㎝、幅1.5~2㎝の披針形~広披針形、先が鋭く尖り、基部は楔形、中央部に八の字形の黒い斑紋がある。葉の両面に毛が多く、葉裏の腺点はあるが、少なく不明瞭。葉に辛味はない。苞は緑色、先に毛がある。托葉鞘は長さ約12㎜、縁毛は長さ約8㎜。花序は紐状、先が垂れ下がり、淡紅色の小さな花をまばらにつける。小苞には縁毛があり、小苞と小苞との間が開く。花被は5裂し、花後は紅色が強くなり、下部の緑色を除き、全体がほぼ紅色になり、明瞭な腺点がまばらにある。花柱は3裂。雄しべは8個。痩果は黒褐色、長さ2.5~3㎜の3稜形、表面がざらつき、光沢がない。
 ヤナギタデは茎や葉にほとんど毛がない。葉がやや細長く披針形、黒い班紋がなく、葉に強い辛味がある。花被が4又は5裂し、痩果もレンズ形と3稜形が混じる。
 ハナタデは葉の長さがやや短く、葉先が尾状に尖り、花序の先が垂れ下がらない。
[花期] 9~10月
[草丈] 70~100㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 湿った場所
[分布] 在来種  本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、インド、ブータン、インドネシア
[撮影] 本宮山 06.9.18
TOP Back