ヤノネグサ  矢の根草
[中国名] 小蓼花 xiao liao hua
[学名] Persicaria muricata (Meisn.) Nemoto
Persicaria nipponensis (Makino) H. Gross
Polygonum muricatum Meisn.
タデ科 Polygonaceae  イヌタデ属
三河の植物観察
ヤノネグサ花序
ヤノネグサ花序
ヤノネグサの花
ヤノネグサの花柄の腺毛
ヤノネグサの托鞘葉
ヤノネグサ
ヤノネグサ小苞
ヤノネグサ果実
ヤノネグサの葉表
ヤノネグサの葉裏
 水田や草地に普通に見られる。茎は基部が這い、先は斜上して長く、1mほどになることもあり、分枝する。茎は稜があり、黄緑色、赤味を帯びることも多く、稜上に小さい逆刺がある。刺のほとんど無いものもある。葉は互生し、葉柄は長さ0.7~2㎝、わずかに逆に曲がった刺がある。葉身は長さ2.5~6㎝、幅1.5~3㎝、卵形~長楕円状卵形、葉裏にはわずかに星状毛、短毛があり、中脈上に上向きの刺がある。葉表は普通、無毛。葉縁には縁毛がある。葉先は鋭形~尖鋭形、葉の基部は広切形~円形~類心形。托葉鞘は長さ8~20㎜の筒形、膜質、先は切形、長い縁毛がある。花序は穂状、数個の穂状花序が集まってつき、円錐花序状のようになる。枝先の短い穂状花序に10数個が固まってつき、いびつな形をしていて丸くならない。花序の成長の良いものは惰円形になる。花序柄( peduncle)には密に短毛と腺毛がある。腺毛は短毛より長く、腺が赤色。苞は広惰円形~卵形、長さ2.5~3㎜、先が赤色になり、縁毛があり、赤い腺毛もある。小花柄(pedicel)は苞より短くて見えず、長さ0.5~2㎜、緑色、腺毛はほとんどない。花被は5裂し、広惰円形、長さ2~3㎜、白色で先が淡紅色。雄しべは6~8個。花柱は3個。柱頭は頭状。痩果は長さ2~2.5㎜の3稜形、緑色~緑褐色~褐色、平滑、光沢がある。2n=20
[花期] 9~10月
[草丈] 30~50(100)㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 水田の畔、水辺、湿地、草地
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、インド、ネパール、ロシア、タイ
[撮影] 豊川市  05.10.15
TOP Back