ミゾソバ  溝蕎麦
[別名] ウシノヒタイ
[中国名] 戟叶蓼 ji ye liao
[学名] Persicaria thunbergii (Sieb. et Zucc.) H. Gross
Polygonum thunbergii Siebold et Zucc. var. hastatotrilobum (Meisn.) Maxim. ex Franch. et Sav.
タデ科 Polygonaceae  イヌタデ属
三河の植物観察
ミゾソバの花
ミゾソバの紅花
ミゾソバの小苞
ミゾソバ花柄の腺毛
ミゾソバ葉状托葉鞘
ミゾソバ葉状托葉鞘
ミゾソバ茎と縁毛のある托葉鞘
ミゾソバ葉の星状毛
ミゾソバ
ミゾソバ花柄の腺毛付近の拡大
ミゾソバ果実
ミゾソバ葉
ミゾソバ葉柄
 イヌタデ属でなく、タデ属 Polygonum として分類されていることもある。
 茎は中空、下向きの小刺があり、根元は横に這い、立ち上がる。葉は互生し、長さ4~10㎝の卵状鉾形、先が鋭く尖り、基部が耳状にはり出し、牛の顔のような形をしているのが特徴である。葉柄と葉脈上に小刺があり、葉の両面に小さな星状毛がある。葉の形には変化が多い。葉柄には狭い翼があり、下部の葉柄の長さ2~5㎝。花は頭状花序に10~20個集まってつく。花柄には赤色の腺毛が密につき、長毛及び小さな星状毛がある。花被は長さ3~4㎜、淡紅色~白色、先の紅色が濃く、5裂する。花柱は.3裂。雄しべ8個。托葉鞘は長さ7~20㎜、上部が葉のように丸く広がるものと縁毛だけの2種ある。痩果は長さ3~3.5㎜の3稜形、緑白色~黄白色、光沢はない。図鑑などで色を記載したものが少なく、果実がソバの実に似ていると解説され、茶色ではないかと誤解しやすいが、ほぼ白色に近い。痩果を採取して時間が経ち、乾いてくると淡褐色~黄褐色~褐色になる。(葉形と果実の色変化参照)2n=40
 ミゾソバは長さ1~5㎝の地中枝を出し、閉鎖花をつける。地中の閉鎖花の痩果の方が大きく、長さ約4㎜。
 白花品種はシロバナミゾソバという。
 ミゾソバ類の分類は難しく、4種1亜種1変種に分類されている。ヒカゲミゾソバヤマミゾソバコミゾソバ、ニシミゾソバ、オオミゾソバなどがある。(ミゾソバ類の比較参照
 アキノウナギツカミは花がよく似ており、葉が長い。
[花期] 7~10月
[草丈] 30~100㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 湿った場所
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、台湾、中国、ロシア、インド
[撮影] 岡崎市 05.10.16
TOP Back