オヤマソバ  御山蕎麦
[学名] Aconogonon nakaii (H.Hara) H.Hara
Pleuropteropyrum nakaii Hara
Polygonum nakaii (Hara) Ohwi
タデ科  Polygonaceae  オンタデ属(タデ属)
三河の植物観察
オヤマソバの花
オヤマソバの葉
オヤマソバ
 茎はよく分枝して、紅色を帯びる。葉は長さ4~12㎝の卵形、ほとんど柄がなく、基部は円形~広くさび形、両面とも無毛、縁に細毛が生える。花は直径約3㎜、円錐花序に多数つき、普通は白~黄白色だが、淡紅色を帯びるものもある。花被は5深裂する。
 類似のオンタデやウラジロタデには葉柄がある。
[花期] 7~9月
[草丈] 15~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 高山帯の砂礫地
[分布] 在来種(日本固有種) 北海道、本州(中部地方以北)
[撮影] 八方尾根  07.7.28
TOP Back