アヤメ科  Iridaceae
分類 被子植物(angiosperm)-単子葉類(Monocots) -キジカクシ目(Asparagales)
分布 熱帯から温帯にかけて、世界中に約70属1500種が分布し、日本には2属8種が自生する。
特徴 すべて多年草。根茎がある。花茎は直立し、単一又は分枝し、中実又は中空。葉は3~10個、根生し、葉脈は不明瞭又は明瞭。茎葉は分枝した茎に0~4個つき、ときに苞状、鞘状になる。花序は扇状花序状、苞(spathe)は2個、草質、先又は全体が薄膜質。花は両性、6個の花被片(萼片3、花弁3)があり、ときに花弁は退化する。雄しべは萼片に対生し、3個。花柱は花弁状に3裂し、その先は2裂する。子房は下位、円柱状~球形、3~6稜又は球形。果実は蒴果。種子は室ごとに、1~2列に4~20個。 x =不明。
栽培 観賞用にハナショウブ、クロッカスなどが栽培され、たくさんの園芸品種が存在する。
アヤメ属 アヤメ Iris sanguinea Hornem.
カキツバタ Iris laevigata Fisch.
キショウブ Iris pseudoacorus L.
シガアヤメ Iris x setosothunbergii
シャガ Iris japonica Thumb.
ノハナショウブ Iris ensata Thunb. var. spontanea (Makino) Nakai
ハナショウブ Iris ensata Thunb. var. ensata
ヒオウギ Iris domestica (L.) Goldblatt et Mabb.
ヒオウギアヤメ Iris setosa Pall.
ヒメシャガ Iris gracilipes A.Gray
クロッカス属 ゴールデンクロッカス Crocus vernus (L.) Hill
ハナサフラン Crocus vernus (L.) Hill
スイセンアヤメ属 スイセンアヤメ Sparaxis tricolor (Schneev.) Ker Gawl. 'Alba Maxima'
ニワゼキショウ属 オオニワゼキショウ Sisyrinchium sp.
セッカニワゼキショウ Sisyrinchium sp.
ニワゼキショウ Sisyrinchium rosulatum E.P.Bicknell
ヒメトウショウブ属 ヒメヒオウギズイセン Crocosmia x crocosmiiflora (Lem.) N.E. Brown
フリージア属 フリージア Freesia x hybrida L.H. Bailey
ロムレア属 アフリカチゴアヤメ Romulea minutiflora Klatt
TOP Back