アフリカチゴアヤメ  阿弗利加稚児石菖
{英名] small-flowered onion grass
[学名] Romulea minutiflora Klatt
アヤメ科  Iridaceae  ロムレア属
三河の植物観察
アフリカチゴアヤメの花
アフリカチゴアヤメ花横
アフリカチゴアヤメ花裏
アフリカチゴアヤメ柱頭
アフリカチゴアヤメ葉の断面
アフリカチゴアヤメ果実
アフリカチゴアヤメ裂開した果実
アフリカチゴアヤメ球茎2
アフリカチゴアヤメ2
アフリカチゴアヤメ
アフリカチゴアヤメ雄しべ
アフリカチゴアヤメ子房
アフリカチゴアヤメ葉(広い側)
アフリカチゴアヤメ葉(狭い側)
アフリカチゴアヤメ葉先
アフリカチゴアヤメ種子
アフリカチゴアヤメ基部
 南アフリカ原産であり、オーストラリアのかなり広い地域やニュージーランドでの帰化が報告されている。花は昼近くに開き、夕方や暗い日には花が閉じる。花は小さく、たくさんの果実をつけ、果実に種子が密につまり、おびただしい数の種子ができる。この豊橋公園のものは最初はアフリカヒメアヤメ var. australis と考えられていたが、花が小さく、葉も短く、Romulea minutiflora と判別され、和名はアフリカチゴアヤメとつけられたようである。花や果実がないと、葉が這うようにつき、低いため、芝生に紛れてしまい気がつきにくい。花は高さ4㎝ほどで上向きに咲く。
 小形の多年草。球茎は直径6~12㎜、ほぼ球形、斜めの扁平な(スプーン形の)隆起がある。薄皮(tunic 外皮ともいう)は褐色、硬くて脆く、裂け、先は繊維状の首を伸ばす。球茎に葉が数本つき、葉は長さ(2)6~22㎝、幅(0.5)1~2㎜、基部は抱くように翼があり、基部を除いて断面が長楕円形、髄質、先は尖り、表面に4脈と明瞭な縦溝が4本(片面に2溝ずつ)ある。葉の基部には数個の短く(長さ1.5~2.5㎝程度)、淡褐色の質の薄い葉(葉鞘)がある。花茎は球茎に2~4個つき、長さ2~5㎝、中実、2角があり、花時は直立し、花後は下向きに曲がる。外苞(外側の仏炎苞)は卵形、長さ6~10㎜、草質、縁は薄膜状、しばしば褐色のしみがある。内苞は長さ5~9㎜、薄膜状、褐色のしみがある。花は直径(7)10~12(15)㎜、上向きに咲き、花被片6個。花被の筒部は長さ2~3㎜、鈍黄色。裂片は楕円形、鈍頭、長さ5~9㎜、淡ピンク色~ライラック色。外花被片は外面が帯緑色。雄しべ3個、花柱は長さ4~6㎜。柱頭は白色、3裂し、さらに先が2裂し、微細な突起があり、葯より上にほとんど突き出ない。子房は下位、緑色、円柱形、長さ約2.5㎜、2個の苞に包まれ見えない。蒴果は円筒形~長楕円形、長さ5~8(15)㎜、湾曲した茎につき、熟すと茎は真っすぐになり、太く硬く、長さ8~10㎝になり、直立し、熟すと先が3裂開する。種子は多数(確認したものは28個)入り、平らな面がある不規則なほぼ球形、直径1.5~1.9㎜、平滑。蒴果が裂開する時期には葉は枯れ始めている。2n=26。
 ●アフリカヒメアヤメ Romulea rosea (L.) Eckl var. australis (Ewart) M.P. de Vos .は南アフリカ原産、オーストラリア、北アメリカ、ヨーロッパなどに帰化しており、日本でも三重県、愛知県などの野生化が報告されている。rosy sandcrocus , onion grass と呼ばれている。花期は3~4月。普通高さ10㎝以下。葉は長さ15~35㎝、幅1~2.5㎜。花序柄は長さ5~15㎝。外苞は長さ約15㎜。内苞は長さ約10㎜。花は直径1.5~2㎝。花被の筒部は黄色、裂片はピンク色~ライラック色、先が尖り、裏面に褐色の縦筋がある。花柱は長さ7~10㎜、雄しべより上に突き出ない。果実は長さ10~15㎜、薄壁、苞は宿存性。(Jepson eFlora)
 Romulea roseaはかつては5変種に分類されていた。var. australis (Ewart) M.P. de Vosは花が小さく、おびただしい種子をつけ、オーストラリアで広がった害草である。NARGS seed Exchange に紛れてアメリカに入ったとも考えられている。変種に分けないこともある。
 Romulea rosea (L.) Eckl
 高さ6~15㎝、場合によっては60㎝にもなる。基部に球形の球茎をもち、その基部は曲がった尖った歯がある。葉は基部に3~6個つき、狭い4溝がある。花はピンク、マゼンタ、白色、黄色の杯の周りにしばしば紫色の部分がある。果時の柄は開花の後に曲がり、やがて直立する。
[花期] 3~4月
[草丈] 3~5(10)㎝
[生活型] 多年草(1年草又は短命な多年草)
[生育場所] 日当たりのよい草地、芝生の中
[分布] 帰化種 南アフリカ ケープ地方原産
[撮影] 豊橋市 16.4.1(花)
      16.5.12(種子)
TOP Back