ヒオウギ  桧扇
[中国名] 射干 she gan
[英名] blackbery lily, belamcanda, leopard-lily , shenan
[学名] Iris domestica (L.) Goldblatt et Mabb.
Belamcanda chinensis (L.) DC.
アヤメ科 Iridaceae   アヤメ属
三河の植物観察
ヒオウギ蕾
ヒオウギ花
ヒオウギ葉
ヒオウギ
 黒の枕詞に使われる「うば玉」はこのヒオウギの種子のことである。以前はヒオウギ属 Belamcanda であったが、DNA系統解析により、2005年にアヤメ属とされた。
 根茎は淡褐色、短く這う。茎は高さ1~1.5m。葉は互生し、長さ30~60㎝、幅2~4㎝の幅が広い剣状葉、中脈は不明瞭、先は尖鋭形、扇状につく。葉の色は粉白色を帯びた緑色。花は直径3~4㎝。花柄は細く、花柄は長さ1~4㎝。花被片は6個、橙色~赤橙色、暗赤色の斑点がある。外花被片は倒卵形~楕円形、長さ約2.5㎝、幅約1㎝、基部は楔形、先は鈍形。雄しべは3個長さ1.8~2㎝。花柱は花被片と同じ長さで、裂片が広がる。蒴果は長さ2.5~3㎝、幅1.5~2.5㎝、倒卵状楕円形、先に嘴は無い。種子は直径約5㎜の光沢のある真っ黒な球形。2n = (16, 27), 32。
[花期] 8~9月
[草丈] 60~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の草原
[分布] 在来種 本州、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、台湾、ロシア、インド、ネパール、ブータン、ベトナム、ミャンマー、フィリピン
[撮影] 面ノ木園地  02.8.25
TOP Back