シガアヤメ  志賀文目、志賀菖蒲
[学名] Iris x setosothunbergii
アヤメ科  Iridaceae  アヤメ属
アヤメ
ヒオウギアヤメ
シガアヤメ
 和名の由来は志賀高原特産であることから。アヤメヒオウギアヤメの両方が生える場所だけで見られるため、自然交雑種と考えられている。アヤメは内花被片3個が立ち上がって、目立つ。ヒオウギアヤメは内花披片が痕跡程度でほとんど見えない。シガアヤメは内花披片がアヤメより小さい。(学名は長野県レッドデータブックより)
[花期] 6~7月
[草丈] 30~60cm
[生活型] 多年草
[生育場所] 亜高山帯湿地、草地
[分布] 在来種 志賀高原
[撮影] 東館山高山植物園 05.7.31
TOP Back