ゴールデンクロッカス  
[別名] 寒咲きクロッカス
[英名] snow crocus , golden crocus , saffron golden , crocus golden
[学名] Crocus chrysanthus (Herb.) Herb.
Crocus annulatus var. chrysanthus Herb.
アヤメ科 Iridaceae   クロッカス属
ゴールデンクロッカスの花
ゴールデンクロッカスの花2
ゴールデンクロッカスの雄しべと雌しべ
ゴールデンクロッカスの蕾
ゴールデンクロッカス
ゴールデンクロッカス葉
 クロッカス属の園芸種全体をクロッカスと呼んでいる。ゴールデンクロッカスはクロッカスの観賞用の1系統であり、Crocus chrysanthus (Herb.) Herbの選抜品種及びハイブリッド品種を含む。クロッカスの栽培品種の中で最も品種の数が多い。原種のCrocus chrysanthusはギリシャ、アルバニア、ブルガリア、旧ユーゴスラビア、ロマニア、トルコ原産。球茎の薄皮は膜状又は皮革状。2~3月に開花し、花が鮮橙黄色であり又は英名はsnow crocus, golden crocusという。原種の白花はvar. albidus 。花は上向きに咲き、椀形。基本は黄色系であるが、青系の園芸品種も多い。Crocus biflorusとハイブリッドができやすく、ハイブリッドはCrocus x bornmuelleri (biflorus x chrysanthus) といわれる。
 ハナサフランCrocus vernusの系統より花が小さく、球茎も小さい。葉もやや細いものが多い。
 クロッカス属は原種の数が多く、観賞用の品種が多い。現在、よく栽培されているのはゴールデンクロッカス Crocus chrysanthus、キバナサフランCrocus flavus、ハナサフラン Crocus vernus(Dutch crocus)、Crocus tommasinianus(Botanical crocus、Early Crocus)、Crocus sieberi 、Crocus speciosusなどである。Crocus speciosus以外は春咲き。薬用や料理用のサフランは秋咲き。 写真のものは品種がよくわからないが、'Goldilocks'ではないかと思われる。
[花期] 2~3(4)月
[草丈] 10~15㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 草地、牧草地、 土手  (園芸種)
[分布] 帰化種 ギリシャ、アルバニア、ブルガリア、旧ユーゴスラビア、ロマニア、トルコ原産
[撮影] 豊橋市  17.3.4
【クロッカス属 Crocus】
多年草、小形。球茎(corm)は扁球形(oblate)、薄皮(tunic)で被われる。葉は少数、すべて根生し、緑色、線形、葉表面は中央に淡色のストライプがあり、基部は膜質の鞘状の葉で取り囲まれる。花茎は長くならない。花は花序柄や子房が地下になり、地面から直接出る。花被は白色、黄色、ライラック色、暗紫色。花筒は長く、細い。花被片はよく似て、等形~ほぼ等形。雄しべは花筒ののど部につく。花柱は1個、先が3個以上に分枝する。蒴果は小さく、楕円形~長楕円状楕円形。中央アジア、西アジア、ヨーロッパ、地中海沿岸地域に約80種が分布する。
【クロッカス属 の種】89種
Crocus abantensis、Crocus adanensis、Crocus aerius、Crocus alatavicus、Crocus aleppicus、Crocus almehensis、Crocus ancyrensis、Crocus angustifolia、Crocus antalyensis、Crocus asumaniae、 Crocus autranii、Crocus banaticus、Crocus baytopiorum、Crocus biflorus、Crocus boryi、Crocus boulosii、Crocus cambessedesii、Crocus cancellatus、Crocus candidus、Crocus carpetanus、 Crocus cartwrightianus、Crocus caspius、Crocus chrysanthus(ゴールデンクロッカス)、Crocus corsicus 、Crocus cvijicii、Crocus cyprius、Crocus dalmaticus、Crocus danfordiae、Crocus etruscus、Crocus fleischeri、 Crocus gargaricus(キバナサフラン)、Crocus gilanicus 、Crocus goulimyi、Crocus graveolens、Crocus hadriaticus、Crocus hartmannianus、Crocus herbertii、Crocus hermoneus、Crocus heuffelianus、Crocus hyemalis、Crocus imperati、 Crocus karduchorum 、Crocus kerndorffiorum、Crocus korolkowii、Crocus kosaninii、Crocus kotschyanus、Crocus laevigatus、Crocus ligusticus、Crocus longiflorus、Crocus malyi、Crocus mathewii、 Crocus michelsonii、Crocus minimus 、Crocus moabiticus、Crocus naqabensis、Crocus nerimaniae、Crocus nevadensis、Crocus niveus、Crocus nudiflorus、Crocus ochroleucus、Crocus olivieri、 Crocus oreocreticus、Crocus pallasii、Crocus paschei、Crocus pelistericus、Crocus pestalozzae、Crocus pulchellus、Crocus reticulatus、Crocus robertianus、Crocus rujanensis、Crocus sativus(サフロン)、 Crocus scardicus 、Crocus scharojanii、Crocus serotinus、Crocus sieberi、Crocus sieheanus、Crocus speciosus、Crocus suaveolens、Crocus suwarowianus、Crocus thomasii、Crocus tommasinianus、 Crocus tournefortii、Crocus vallicola、Crocus veluchensis、Crocus veneris、Crocus vernus(ハナサフラン)、Crocus versicolor、Crocus vitellinus、Crocus wattiorum

【栽培の歴史】
 クロッカスは古くから栽培され、3500年以上の長い歴史がある。初期には薬用や料理用にサフランCrocus sativusが栽培されていた。柱頭を乾燥させると、苦味と干し草のような香りがあり、アポカロテノイド が豊富に含まれる。調味料、香料、染料、薬用に使用される。サフランは遺伝子的に単一形の クローンであり、アジア南西部を起源とし、初期にはペルシャか、ペルシャ近くで栽培されていたと推測されている。栽培サフランの野生の前駆はクレタ島や中央アジアを起源とするCrocus cartwrightianusに似たものと推定されている(Frizzi etal 2007.)。C. thomasiiや C. pallasii も似ていて前駆の可能性がある。現在のサフランは三倍体で、自家不和合性、雄性不稔である。異常形の減数分裂 を起こし、独立して有性生殖ができない。サフロン Crocus sativusはC. cartwrightianusの突然変異体型と考えられ、それは青銅器時代後期のクレタに出現し、人間が C. cartwrightianus種を育て、異常な長い柱頭をもつ種を選び出したものと考えられている。BC.7世紀、アッシリアのアッシリア王の時代にサフランの植物学的な参考書が編纂された。サフランはユーラシア全体にゆっくり、広がり、その後、北アフリカ、北アメリカ、オセアニアまで拡大した。現在の世界生産の中心はイランであり、年収穫量の90%を占める。
 観賞用のクロッカスは多数の品種が栽培され、特に、Crocus chrysanthu、Crocus speciosus、Crocus tommasinianus、 Crocus vernus の4種は多く、主にヨーロッパ西部で19世紀後半~20世紀初めに多くの栽培品種が作り出された。20世紀の初めには中東でプラントハンティングが行われ、いくつかの新種も報告されている。栽培の中心であるオランダでは1991年にすでに100種以上の品種が知られ(Van Sheepen 1991)、2009/2010年には70種以上の品種が366haで栽培されていた。ハナサフラン Crocus vernusの栽培品種は全体の55%を占め、'Jeanne d'Arc'(57ha)、'Flower Record'(42ha)、'King of the Striped'(30ha)。ゴールデンクロッカス Crocus chrysanthusは17%、'Romance'(22.9ha)。Crocus tommasinianusは10%、'Ruby Giant'(21.5ha)。キバナサフラン Crocus flavusは10%を占め、主品種は'Geel'(36.4ha)。これらは全部、春咲きである。
 ハイブリッドも多く、Crocus chrysanthus 'Blue Pearl'はCrocus biflorusから誘導されたとされ、'Cream Beauty' はchrysanthusとbiflorusのハイブリッドである。 'Golden Yellowと'Stellaris'はflavusとangustifoliusのハイブリッドである。

【園芸品種】
 現在、よく栽培されているのはゴールデンクロッカス Crocus chrysanthus、キバナサフランCrocus flavus、ハナサフラン Crocus vernus(Dutch crocus)、Crocus tommasinianus(Botanical crocus、Early Crocus)、Crocus sieberisなどの春咲きの園芸品種である。秋咲きの品種も様々ある。
----------------------------------------------------------------------------
 冬~春咲き 2~3月
----------------------------------------------------------------------------
●ゴールデンクロッカス Crocus chrysanthus(snow crocus, golden crocus) : ギリシャ、アルバニア、ブルガリア、旧ユーゴスラビア、ロマニア、トルコ原産。球茎の薄皮は膜状又は皮革状。花は鮮橙黄色ときにブロンズ色や紫色の斑紋がある。
 ゴルデンクロッカス(Crocus chrysanthus)の栽培種は原種のCrocus chrysanthuからの選抜とCrocus biflorusの数種の亜種やCrocus aeriusとのハイブリッドである。黄色の栽培種が原種からの選抜である。青色や白色のものはハイブリッドやCrocus biflorus.に近い選抜である。Jan Hoog (Van Tubergen nursery) や E.A. Bowlesによって、本格的な選抜やハイブリッドが作り始められ、多くの品種がある。ハイブリッドはCrocus x bornmuelleri (biflorus x chrysanthus) といわれる。
'Advance'、'Afyon'、'Alionka'、'Ard Schenk'(内側が黄色で外側が紫青色)、 'Aubade' 、'Bloemfontein'、'Blue Bird'、'Blue Butterfly' 、'Blue Dream'、'Blue Giant' 、'Blue Jacket' 、'Blue Jay'、'Blue Pearl' 、'Blue Peter' 、'Blue Princess' 、'Blue Throat'、'Brass Band'、'Bullfinch'、'Buttercup' 、'Canary Bird' 、'Cream Beauty'、'Dorothy(Crocus bifloruとのhybrid)'、'E.A.Bowles'、'Early Gold'、'Charmer' 、'Constellation' 、'Cream Beauty' 、'Crescendo' 、'Cum Laude' 、'Cupido'、'Dandy' 、'Distinction' 、'Dorothy' 、 'EA Bowles' 、'Elegance'、'Elegant' 、'E.P. Bowles'、'Eyecatcher'、'Frost Bound' 、'Fuscotinctus'、'Goldilocks'、'Goldmine'、 'Gypsy Girl'、'Glory of Breezand' 、'Goldene Sonne' 、Goldfasan' 、'Goldilocks'、'Goldmine' 、'Grand Gala' 、'Harlequin' 、'Herald'、'Ivory Glory' 、 'Jeannine'、'Jester'、'Johan Cruyff' 、'Ladykiller'、'Lemon Queen' 、'Lentejuweel' 、'Lilliputaner' 、'Magic'、'Mannequin' 、'Mariette'、'Marion' 、Monarch'、 'Moonlight'、'Morning Star' 、'Mystic' 、'Nanette' 、'Nida'、'Orange Monarch' 、'Parade'、'Paradiso'、'Prespa Gold'、'Prins Claus' 、'Prinses Beatrix'、'Romance'、'Skyline'、Snow Bunting'、 'Snow White'、'Saturnus'、'Sulphur Glory'、'Sunset'、Uschak Orange'、'Symphonia' 、'Topolino'、'Trance' 、'Uschak Orange' 、'Violet Queen'、'Warley'('Large Warley White') 、'Zenith'、 'Zwanenburg Bronze'( Garden Merit)
 Crocus chrysanthus subsp. multifolius

●Crocus imperati subsp. imperati(Early Crocus):イタリア原産。球茎の薄皮が平行な繊維状。
  花はライラック色、外花被の外側がバフ色、暗紫色の斑紋がある。小苞がある。
  'De Jager'
●Crocus imperati subsp. suaveolens:イタリア原産。球茎の薄皮が平行な繊維状。
  花はライラック色、外花被の外側がバフ色、暗紫色の斑紋がある。小苞が無い。
   'Jager'
●Crocus tommasinianus(Early Crocus):コスタリカ、クロアチア、セルビア、ボスニア、モンテネグロ、
  ブルガリア、ハンガリー原産。球茎の薄皮が細かい繊維状、ほとんど平行。
  花は淡ライラック色~紫色。
  'Albus' 、'Barr's Purple'、'Bobbo'、'Lilac Beauty' 、'Pictus'、'Roseus'、'Ruby Giant'、
  'Whitewell Purple'、 'Yalta'(hybrid)
----------------------------------------------------------------------------
 早春咲き Early Spring Crocus 3月
----------------------------------------------------------------------------
●Crocus ancyrensis(Ankara crocus):トルコ原産。球茎の薄皮が網状。花は黄色~オレンジ色
  'Golden Bunch'
●Crocus abantensis :トルコ原産。球茎の薄皮が網状。花は青色。
  'Azkaban's Escapee'、'Sky Blue'、'Violet'
●Crocus candidus:トルコ原産。葉は球茎に1、2本、幅が広い。花は小さく、白色、のど部は黄色。
  外花被に灰色~紫色の斑紋がある。
  'Lune'

----------------------------------------------------------------------------
 春咲き Spring Crocus 3~4月
----------------------------------------------------------------------------
●Crocus angustifolius(Cloth of Gold Crocus):ウクライナ、アルメニア原産。
  花は明黄色、外花被に栗色のしみがある。2n=12
  'Oreanda'、'Berlin Gold'、'Minor'、'Cloth of Gold'

●Crocus aerius:トルコ原産。花は淡青色~濃青色、中央が白色を帯び、暗色の脈がある。
  'Cambridge'、
●Crocus biflorus(silvery crocus):ヨーロッパ南東部、アジア南西部原産。花は淡モーブ色、白色。
  しばしば外花被に暗色のストライプをもつ。多数(21以上)の亜種がある。
 Crocus biflorus subsp. biflorus(Scotch Crocus):イタリア、シチリア、ロドス島原産。
  花時に葉が長く、花はごく淡紫色に紫色の筋があり、のど部は黄色。
  球茎の薄皮は基部に輪がある。
    'Scotch'、'Parkinsonii'、 'Argenteus'、 'Miss Vain'
 Crocus biflorus subsp. isauricus:トルコ原産。葉は灰緑色。銀白色の苞と小苞がある。
    'Spring Beauty'
 Crocus biflorus subsp. weldenii :イタリア、クロアチア、ボスニア、セルビア、アルバニア原産。
  花は白色、のど部は黄色にならない。ときに外花被にライラック色~紫色の筋がある。
   'Albus'、'Fairy'
●Crocus dalmaticus :クロアチア、ベスニア、アルバニア原産。球茎の薄皮が紙質。
    花はライラック色、外花被片に黄色の様々な斑紋がある。
  'Petrovac'
●Crocus etruscus (Etruscan crocus):イタリア原産。球茎の薄皮が繊維状。
    花はライラック色、外花被はしばしばバフ色~クリーム色で、暗色の斑紋がある。
  'Zwanenburg' 、'Rosalind'、
●キバナサフラン Crocus flavus Weston (yellow crocus , Dutch yellow crocus):
  Crocus flavus subsp. flavus :セルビア、ギリシャ、ブルガリア、ルーマニア、トルコ原産。
    球茎の薄皮が膜質、先が繊維状。開花が秋又は早春。
    花は芳香があり、明黄色~鮮濃黄色、ワイングラス形、直径5~6㎝。
    花被片の縁に褐色のぼかしが入る。2n=8
    'Sulphureus Concolor'、'Geel'(Gold crocus)
   ハイブリッド:Crocus x luteus[=Crocus x stellaris](angustifolius xflavus)
       'Golden Yellow'('Mammoth Yellow'='Dutch Yellow')2n=3x=14 、'Stellaris' (2n=10)

  Crocus flavus subsp. dissectus:地中海沿岸地域原産。球茎の薄皮が膜質、先が繊維状。
    花は明黄色。花柱が黄色、多数分枝。
  Crocus flavus subsp. sarichinarensis: トルコ原産。
●Crocus gargaricus Herb.:トルコ原産。球茎の薄皮は網状の繊維状。花は明黄色。
  Crocus gargaricus subsp. herbertii は匍匐枝(stolon)により増える。
●Crocus heuffelianus:FSU(カルパチア山脈)南西部、西ヨーロッパ原産。
  花は大きく、径6㎝以下、明紫色~淡紫色、ときに白色。花期が夏の初めまでと長い。
    'National Park'、 'Brian Duncan'
●Crocus kosaninii :セルビア原産。球茎の薄皮が繊維状、先が網状、基部は平行状。
   花はライラック色、のど部は黄色。
  'April View'、'Spring Cocktail'、'Snow Leopard'、'Kiss of Spring'、'January Gold'、'Golden Nugget'、'Agalik'、 'Yellow Giant'、 'Dutch Yellow'
●Crocus malyi:地中海沿岸原産。球茎の薄皮が平行な繊維状。花は白色、のど部は黄色。
   'Sveti Roc'、'Ballerina'
●Crocus minimus:イタリア、サルディニア州原産。球茎の薄皮が平行な繊維状。花はライラック色、外花被片はバフ色で紫色の斑紋がある。
   'Bavella'
●Crocus olivieri subsp. olivieri:マケドニア、ルーマニア、ブルガリア、アルバニア、ギリシャ、
  トルコ原産。球茎の薄皮は膜状、基部で裂ける。花はオレンジ又は黄色。花柱は6枝。
   'Little Tiger'
●Crocus reticulatus subsp. reticulatus:イタリア、クロアチア、セルビア、マケドニア、ブルガリア、ハンガリー、ルーマニア、クリミア、コーカサス、トルコ原産。球茎の薄皮は皮革質、粗い網繊維状。
  花は小さく白色又はライラック色。外花被片の外面に3又は5本の暗色の帯がある。
 ハイブリッド品種がある。
  Crocus x reticulatus (reticulatus × angustifolius)
     'Ego'、'Little Amber'
●Crocus sieberi subsp. atticus :ギリシャ原産。球茎の薄皮は粗い網繊維状。
  花はライラック青色の陰、のど部は黄色。花期が早春。
   'Bowles White'、'Ronald Ginns'、'Stunner'、'Vardousia'
●Crocus sieberi subsp sieberi:クレタ島原産。球茎の薄皮が細かい網繊維状。
  花は白色、外花被片の外側に紫色の斑紋があり、のど部は黄色。
   'Firefly'、'Hubert Edelsten'、'Violet Queen'
   Crocus 'Midas Touch' ( sieberi ×cvijicii or chrysanthus)
●Crocus sieberi subsp. sublimis:ギリシャ、マケドニア、アルバニア、ブルガリア原産。
   球茎の薄皮が細かい網状。花はライラック青色、先が濃色、のど部が黄色、その中間が白色。
  'Tricolor' 、'Michael Hoogs Memory'
● ハナサフラン Crocus vernus オーストリア、チェコスロバキア、ハンガリー、イタリア、バルカン諸国、ポーランド、ルーマニア、ウクライナ原産。多くのハイブリッドがつくられている。ハイブリッドはDutch crocus、 large flowering crocus、 giant crocus、 spring crocusと呼ばれ、黄色の花もある。球茎は楕円形、直径約4㎝、球茎の薄皮は細かい繊維状。花は春に3週間ほど咲き、夜に閉じ、朝に開き、曇りや雨では開かない。葉は数個、根生し、幅3~8㎜、線形、基部に鞘があり、葉表は中央に淡色の筋がある。葉は花が終わると長く伸び、数週間語に休眠状態になり、黄色くなる。花は普通1個つき、高さ10~15㎝。花被は直径4~5㎝、杯形~鐘形、紫色~青色又は白色、ときに濃色のストライプが入り、筒部は花被片より淡色にならず、無毛~短毛がある。花被片は6個。子房下位。雄しべは3個、直立し、葯は黄色。雌しべ1個、花柱は普通、橙色、先は3裂し、柱頭は房状、普通、橙色。果実は蒴果、長さ15~20㎜。 冬~春咲きの品種もある。
 ※Dutch crocus、giant Dutch crocusはCrocus vernusの選抜又はハイブリッド
'Early Perfection'、'Enchantress'、Fantasy'、'Flower Record' 、'Golden Yellow'、'Grand Maitre'、'Haarlem Gem'、'Jeanne d'Arc'、 'Kathleen Parlow'、'King of the Striped'、 'Little Dorrit'、'Negro Boy'、'Paulus Potter'、 'Peter Pan'、 'Pickwick'、'Queen of the Blues'、'Remembrance'、'Silver Coral'、'Snowstorm'、'Striped Beauty'、'Twilight'、'Vanguard'、'Yellow Mammoth'
   Crocus 'Wandering Minstrel' (tommasinianus x vernus)
  Crocus vernus subsp. albiflorus
●Crocus versicolor (Spring Crocus):フランス、イタリア原産。球茎の薄皮が膜質、古くなると平行の繊維状。花は白色、ライラック色、紫色、しばしば明瞭なストライプが出る。
   'Picturatus'
----------------------------------------------------------------------------
 早秋咲き Autumn Crocus 
----------------------------------------------------------------------------
●Crocus banaticus:バルカン半島原産。葉表面に白色のストライプが無い。
  花は紫色(violet)又は白色。内花被片が外花被片より著しく短い。
  'John Marr'、'Snowdrift'、

----------------------------------------------------------------------------
 秋咲き Autumn Crocus 
----------------------------------------------------------------------------
●Crocus cancellatus:トルコ、レバノン、イスラエル、ヨルダン原産。球茎の薄皮が粗い網状。
  花は淡青紫色。花柱が多数分枝し、雄しべより長い。
   'Albus'
  Crocus cancellatus subsp. mazziaricus:ギリシャ、トルコ原産。球茎の薄皮は網状。
   花は大きく、白色~青紫色。花柱が多数分枝し、雄しべより長い。
   'Parnassus'、'Pilion'、'Rendina'、
●Crocus cartwrightianus :ギリシャ原産。球茎の薄皮は細かい繊維状、網状。
  花柱は枝が3本、長く、明赤色。花は紫色~白色、夜も開いている。
   'Albus'、 'Michel'、
●Crocus goulimyi subsp. goulimyi :ギリシャ原産。球茎の薄皮は皮革状。
  花はライラック色、花筒が長い。
   'Mani White'
●Crocus hadriaticus:ギリシャ原産。球茎の薄皮は細かい網繊維状。
  花は白色、淡ライラック色、のど部は黄色。
    'Jumbo'、'Purple Heart'
●Crocus kotschyanus subsp. kotschyanus :トルコ、シリア、レバノン原産。球茎の薄皮は薄い膜質。
  花はライラック色、基部に濃黄色のしみがある。
   'Albus'、 'Reliance'、
  Crocus kotschyanus subsp. suworowianus:トルコ、旧ソビエトの一部原産。球茎の薄皮は膜質。
  花は白色、ときに紫色(violet)の脈がある。
   'Reliant'
●Crocus longiflorus: 地中海沿岸地域原産。球茎の薄皮は繊維状、やや網状になる。
  花はライラック色~紫色。花柱は3個、オレンジ色、枝は赤色。
  'Primrose Warburg'
●Crocus mathewii:地中海沿岸原産。球茎の薄皮が平行な繊維状花は帯白色、のど部は暗紫色。
  'Dream Dancer'、'Brian Mathew'、
●Crocus niveus :ギリシャ原産。球茎の薄皮は細かい網繊維状。
  花は大きく、普通、白色、たまに、淡ライラック色又は2色。
  'Cape Matapan'
●Crocus pulchellus :マケドニア、セルビア、ブルガリア、ギリシャ、トルコ原産。
  球茎の薄皮は皮革状、基部で輪上に裂ける。花は淡ライラック色~ライラック色、暗色の脈がある。
  葯は白色。花糸は毛状。
  'Albus'、 'Inspiration'、 'Zephyr'、
●サフラン Crocus sativus L 地中海東部原産。中国名は番红花(fan hong hua) 、英名は saffron , saffron flower。
 球茎は直径約3㎝。外皮(薄皮)は淡黄色~黄褐色、細かい網繊維状。葉は9~15個つき、長さ15~20㎝、幅2~3㎜。花は1、2個、芳香がある。花被は紫色~ライラック色、花被片は倒披針形、長さ4~5㎝、先は鈍形。雄しべは長さ約2.5㎝。葯は黄色、先がわずかに曲がり、尖る。花柱は先で3分枝し、枝は反曲し、濃赤色、長さ2.5㎝又はそれ以上。稔性の種子はできない。花柱と柱頭の黄色の染料(saffron dye)が薬用、料理に使われる。2n=3x=24
●Crocus serotinus
  Crocus serotinus subsp. clusii(Clusius' Crocus ):ポルトガル、スペイン原産。
   球茎の薄皮は細かい網繊維状。花はライラック色の陰。
  Crocus serotinus subsp. salzmannii (Southern Autumn Crocus ):アフリカ、スペイン原産。
   球茎の薄皮は膜状。花はライラック色又は紫色の陰、ときに濃色の脈がある。
   'Albus'、'Erectophyllus'
●Crocus speciosus:
  Crocus speciosus subsp. speciosus:クリミア、コーカサス、イラン、トルコ原産。
   球茎の薄皮は皮革状、基部から輪状に裂ける。花はライラック青色、濃い脈がある。
   花柱は枝が多数。
    'Aino'、'Aitchisonii'、'Albus'、 'Artabir'、'Cassiope'、'Conqueror'、'Lithuanian Autumn'、
    'Oxonian'、Pollux'、'Trotter'、'

----------------------------------------------------------------------------
 秋から早春咲き Autumn/Winter/Early Spring Crocus 
----------------------------------------------------------------------------
●Crocus laevigatus :ギリシャ原産。球茎の薄皮は皮革状、古い層は先が尖った歯のように裂ける。
  花はライラック色又は白色、普通、濃色の脈がある。
  'Fontenayi'

----------------------------------------------------------------------------
 その他のハイブリッド
----------------------------------------------------------------------------
  Crocus × jessoppiae(親が不明)、Crocus × hybridus、Crocus × koritnicus、Crocus × leonidii、Crocus × nubigenoides、Crocus × paulineae、Crocus × petrovicii 、Crocus × submedius、Crocus x goteburgensis (scardicus x pelistericus) 、Crocus x paulinae.  (abantensis x ancyrensis) 自然交雑種

----------------------------------------------------------------------------
 類似種
----------------------------------------------------------------------------
●イヌサフラン属(Colchicum)は外観が似ていて Crocusの名で呼ばれるものがある。
  ・False Autumn Crocus
   Colchicum autumnale 'Pleniflorum'、Colchicum lusitanum、Colchicum autumnale)
  ・イヌサフラン(コルチカム) Colchicum autumnale ヨーロッパ中南部から北アフリカ原産。
     9月頃、ピンク色の花を束生する。葉は披針形で幅が広い。
【イヌサフラン属 Colchicum】
多年草。球茎は褐色~暗褐色の薄皮に被われる。根はひげ根、球茎の基部の片側から生じる。若葉は葉鞘に包まれる。花は1~3個、球茎から直接、出るか又は短い花茎がある。花被片は6個、基部で統合され、筒状になるか又は基部まで別れる。雄しべは6個、花被上生(epiphyllous)。子房は3室。花柱は3個、分離、長いのが特徴。果実は多数の種子を入れる蒴果。西アジア、ヨーロッパ、地中海沿岸、アフリカに約100種が分布する。
●サフランモドキZephyranthes carinata はメキシコ原産。紅紫色の花が夏に咲き、葉幅が6~8㎜とやや広い。
TOP Back