キショウブ  黄菖蒲
[英名] yellow flag, paleyellow iris, yellow flag, yellow water iris
[学名] Iris pseudacorus L.
アヤメ科 Iridaceae  アヤメ属
三河の植物観察
キショウブ花
キショウブ花柱
キショウブ花後
キショウブ葉
キショウブ
キショウブ花
 明治時代に渡来し、日本全土に野生化している。湿地や水路などに群生し、乾いた草地まで広く生える。
 根茎はピンク色、よく枝分かれし、群生し、直径2~3㎝。茎は普通1分枝、中実。葉は基部のものは落葉性、初期に直立し、後に曲がり、暗緑色、基部は白色を帯び、長さ40~100㎝、幅2~3㎝、中脈が太く、目立つ。花序は4~12個の花をつける。苞は緑色、縁が褐色、長さ6~9㎝、外側の苞は竜骨があり、内側のにはなく、ほぼ同長。筒部は長さ0.6~0.8㎝。外花被片(萼片)は鮮黄色~クリーム色、長さ5~7.5㎝、幅3~4㎝、披針形~卵形~類円形、基部は急に細くなり、爪部(claw )は広開部(limb)の約1/2の長さ、基部に赤褐色の筋紋が丸く入る。内花被片(花弁)は縞模様が無く、披針形~へら形、長さ2~3㎝。子房下位。子房は長さ約1.5㎝、断面が三角形、側面が凹み、角に狭い溝がある。花柱は長さ3~4㎝、長さ1~1.2㎝の尾根部分が広がった竜骨があり、先は不規則に切れ込む。柱頭は丸い。花柄は長さ2.5~7㎝。蒴果は長さ3.5~6㎝、プリズム形~長楕円状卵形、角は不明稜。種子はD形、扁平、長さ6~7㎜、光沢がある。2n=34
[花期] 5~6月
[草丈] 50~100(150)㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 湿地、草地
[分布] 帰化種  ヨーロッパ原産
[撮影] 小堤西池近く  03.5.18
豊橋市(水路)  15.5.15
TOP Back