セッカニワゼキショウ  雪花庭石菖
[別名] コニワゼキショウ 小庭石菖
[学名] Sisyrinchium sp.
アヤメ科  Iridaceae  ニワゼキショウ属
三河の植物観察
セッカニワゼキショウの花
セッカニワゼキショウ花横
セッカニワゼキショウ花裏
セッカニワゼキショウ果実
セッカニワゼキショウ裂罅いした果実
セッカニワゼキショウ
セッカニワゼキショウ種子
セッカニワゼキショウ葉
セッカニワゼキショウ基部の葉
 ニワゼキショウの白花が各地で広がっている。田原市の緑が浜公園の芝生に群生している。
 和名は花が白いため雪花とつけられ、小さいためコニワゼキショウとも呼ばれる。北アメリカ原産とされているが、学名はオオニワゼキショウと同じく確定していない。ニワゼキショウより草丈が低く、花被片は白色、先が次第に細くなって尖り、筋は中央に1本だけある。花被片の基部は合着して黄色。雄しべは3個、花冠筒部から突き出ない。果実は直径3.5~4㎜のほぼ球形。種子は黒色、長さ0.7~0.9㎜。
[花期] 5~7月
[草丈] 3~5(10)㎝
[生活型] 多年草(1年草又は短命な多年草)
[生育場所] 日当たりのよい草地、芝生の中
[分布] 帰化種 北アメリカ原産
[撮影] 田原市 14.6.19
TOP Back