アオイ科  Malvaceae
分類 被子植物(Angiosperm)-真正双子葉類(Eudicots)-コア真正双子葉類(Core eudicots)-バラ上群(Superrosids)-アオイ類(malvids)-フトモモ目(Myrtales)
新分類(APG)では、旧のパンヤ科、アオギリ科、シナノキ科もアオイ科に含められた。 
分布 世界に約240属3700種が存在し、日本にはフヨウ属、ボンテンカ属、キンゴジカ属などが分布する。
特徴 草本又は低木。葉は単葉で互生。花は両性、花弁(4)5個。雄しべは多数、まれに5個、根元で筒状に癒合する。子房上位。果実は核果、蒴果、分離果、ときに液果、翼果。
 アオイ科は次の各亜科に分けられる。
 ●アオイ亜科 Malvoideae(アオイ)
   [旧パンヤ科]
 ●パンヤ亜科 Bombacoideae(カポック、バルサ、バオバブ)
 ●ヘリクテレス亜科 Helicteroideae(ドリアン)、
   [旧アオギリ科]
 ●ステルクリオ亜科 Sterculioideae(アオギリ、コーラノキ)
 ●Brownlowioideae
 ●Byttnerioideae(カカオ、ノジアオイ)
 ●Dombeyoideae(コティべ、ダンタ、カラスノゴマ、旧シナノキ科)
    [旧シナノキ科]
 ●シナノキ亜科 Tilioideae(ボダイジュ)
 ●Grewioideae(ラセンソウ、コウマ)
栽培 観賞用(ムクゲ、フヨウ、ハイビスカス、セイヨウボダイジュ)、繊維用(ワタ、ケナフ)、食用(オクラ、ドリアン、カカオ、モロヘイヤ)など、広く利用されている。
イチビ属 イチビ Abutilon theophrasti Medic.
ウオトリギ属 スイレンボク Grewia occidentalis L.
カラスノゴマ属 カラスノゴマ Corchoropsis crenata Siebold et Zucc.
キクノハアオイ属 キクノハアオイ Modiola caroliniana (L.) G.Don
キンゴジカ属 アメリカキンゴジカ Sida spinosa L.
キンゴジカ Sida rhombifolia L.
シナノキ属 ボダイジュ Tilia miqueliana Maxim.
ゼニアオイ属 ウサギアオイ Malva parviflora L.
ゼニアオイ Malva mauritiana L.
タチアオイ属 タチアオイ Alcea rosea L.
フヨウ属  アメリカフヨウ Hibiscus moscheutos L.
ハマボウ Hibiscus hamabo Sieb. et Zucc.
ブッソウゲ
(ハイビスカス)
Hibiscus rosa-sinensis L.
フヨウ Hibiscus mutabilis L.
ムクゲ Hibiscus syriacus L.
モミジアオイ Hibiscus coccineus Walter
ヤノネボンテンカ属 ヤノネボンテンカ Pavonia hastata Cav.
ラセンソウ属 ラセンソウ Triumfetta japonica Makino
ワタ属 ワタ Gossypium arboreum L. var. obtusifolium (Roxb.) Roberty
TOP Back