モミジアオイ  紅葉葵
[別名] コウショクキ 紅蜀葵
[英名] scarlet rosemallow ,red hibiscus
[学名] Hibiscus coccineus Walter
アオイ科 Malvaceae   フヨウ属
三河の植物観察
モミジアオイの花
モミジアオイの花横
モミジアオイの萼
モミジアオイの蕾
モミジアオイの果実
モミジアオイ
モミジアオイ葉
モミジアオイ種子
 フヨウやムクゲと同じようによく庭に植えられ、同じ時期に真っ赤な花が目立つ。
 茎は硬く、直立する。葉は長さ10~20㎝、掌状に3~5深裂し、裂片の幅が狭い。花は深紅色、直径8~15㎝。花弁は5個、平開し、花弁と花弁の間に隙間がある。雄しべは多数つき、雌しべと雄しべの基部は合着して長い柱状となり、ブラシ状に雄しべが出て、その先に柱頭5個が突き出る。果実は直径1.5~2.5㎝の蒴果、熟すと5裂する。種子は直径約3㎜のほぼ球形、褐色、表面に短毛がある。
 フヨウは花弁が重なり合い、葉が幅広い。
[花期] 7~9月
[草丈] 1.5~2m
[生活型] 多年草
[生育場所] 庭、花壇
[分布] 帰化種 北アメリカ原産
[撮影] 蒲郡市  12.9.2
TOP Back