ラセンソウ  羅氈草
[学名] Triumfetta japonica Makino
アオイ科 Malvaceae  ラセンソウ属
三河の植物観察
ラセンソウの花序
ラセンソウの花
ラセンソウの花2
ラセンソウ
ラセンソウ葉
 旧分類のシナノキ科 Tiliaceaeは新分類(APG)ではアオイ科に含まれる。
 茎は有毛。全体に毛が多い。葉は互生し、長さ5~10㎝の広卵形~長楕円形、有毛、葉縁は鋭鋸歯、葉先は尖り、基部は心形、3脈が目立つ。葉柄は長さ1~4㎝。托葉は線形。葉腋の集散花序に多数、花を固まってつける。花は直径7~9㎜、黄色の5弁花。萼片は5個、先に針状の突起がある。蒴果は直径6~8㎜の球形、オナモミのような先が鉤状の刺がある。
[花期] 8~10月
[草丈] 50~100㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 山麓、原野
[分布] 在来種  本州(関東地方以西)、四国、九州、朝鮮、フィリピン
[撮影] 鳳来町  04.9.18
TOP Back