クスノキ科   Lauraceae
分類 被子植物(angiosperm)-モクレン類(magnoliids)-クスノキ目(Laurales)
分布 熱帯から暖帯中心に世界中に約45属2500種が分布し、日本には7属21種が分布する。
特徴 中高木又は低木、ほとんど常緑(温帯では落葉)、まれに落葉。樹皮と葉は普通、芳香がある。葉は普通、互生、たまに対生又は類対生~輪生、単葉、普通、全縁、まれに分裂、多くは羽状脈及び類掌状脈、又はしばしば、三行脈、普通、斑点状で革質、無托葉。花は腋生、ために類頂生、円錐花序、穂状花序、総状花序、偽散形花序、通常、両性、ときに単生、放射相称、ほとんど3数性、又は2数性、小さく、帯緑色、帯黄色、白色。花被は2列、普通、1列は4又は6個、基部は合着、普通、未分化の萼片状の裂片、脱落性又は宿存性。花被の筒部は普通、果実の基部に連結して、宿存する。雄ずい群(androecium )は概して、3雄しべが4輪、花被の筒部につく。最も内側の輪はまれに結合し、普通、仮雄しべに退化する。花糸は普通、分離、3番目の輪には普通2個、普通、無柄の目立つ腺突起をつける。葯は底着、花時に2室又は4室、外側の2輪の葯はほとんどつき、内側の3番目の輪は外向き、上に開くフラップのようなバルブにより裂開する。雌しべは1個、子房は普通、上位、1室。胚珠は1個、倒生胚珠、下垂胚珠。側膜胎座、花柱は1個。柱頭は1個、たまに2~3裂。果実は核果又は液果、普通、大きな花托又は花柄の上に座し、基部を大きなしばしば宿存性の花被筒により囲まれる。種子は大きな直線状の胚があり、胚乳は無い。
栽培 クスノキは薬用に用いられ、ゲッケイジュやニッケイなどはハーブとして使用される。果実のアボガドもこの科に属す。
クロモジ属 アブラチャン Lindera praecox (Siebold et Zucc.) Blume
ウスゲクロモジ Lindera sericea (Sieb. et Zucc.) Blume var. glabrata Blume
カナクギノキ Lindera erythrocarpa Makino
クロモジ Lindera umbellata Thunb.
シロモジ Lindera trilobum (Sieb. et zucc.) Nakai
ダンコウバイ Lindera obtusiloba Blume
ゲッケイジュ属 ゲッケイジュ Laurus nobilis L.
シロダモ属  イヌガシ Neolitsea aciculata (Blume) Koidz.
シロダモ Neolitsea sericea (Blume) Koidz.
タブノキ属 タブノキ Machilus thunbergii Sieb. et Zucc.
ニッケイ属 クスノキ Cinnamomum camphora (L.) J.Presl
ニッケイ Cinnamomum sieboldii Meisn.
ヤブニッケイ Cinnamomum tenuifolium (Makino) Sugim. ex H.Hara
ハマビワ属 カゴノキ Litsea coreana Leveill.
TOP Back