カナクギノキ  鉄釘の木
[中国名] 红果山胡椒
[学名] Lindera erythrocarpa Makino
Benzoin erythrocarpum (Makino) Rehder
クスノキ科 Lauraceae  クロモジ属
三河の植物観察
カナクギノキの花序
カナクギノキの葉の裏
カナクギノキの幹
カナクギノキ
カナクギノキ葉
 幹は淡褐色、皮目が目立ち、新枝は灰褐色~黄褐色。葉は互生し、葉の基部が鋭角に細長くなるのが特徴。若葉では毛が生え、次第に毛がなくなる。雌雄別株。花は葉の展開と同時に開花。花は淡黄色、花被片は6個。果実は液果で秋に赤く熟す。種子にはうずらのような模様がある。
 クロモジとは幹の色、葉の基部、種子の色などで判別できる。
[花期] 4月
[樹高] 6~15m
[生活型] 落葉高木
[生育場所] 丘陵地、山地
[分布] 在来種  本州(神奈川県以西)、四国、九州、朝鮮、中国、台湾
[撮影] 岡崎市  06.4.22
TOP Back