アブラチャン  油瀝青
[別 名] ムラダチ(群立)、ズサ、ヂシャ
[中国名] 大果山胡椒 da guo shan hu jiao
[学 名] Lindera praecox (Siebold et Zucc.) Blume
Parabenzoin praecox (Siebold et Zucc.) Nakai
Benzoin praecox Siebold et Zucc.
クスノキ科 Lauraceae  クロモジ属
三河の植物観察
アブラチャン花序
アブラチャン雌花
アブラチャン雌花2
アブラチャン若葉
アブラチャン葉裏
アブラチャンの幹
アブラチャン
アブラチャン2
アブラチャン葉
 クロモジ属 Benzoin 、シロモジ属 Parabenzoin がクロモジ属 Lauraceae にまとめられた。
 幹は叢生し、灰褐色~黒灰色、若枝は細く、緑灰色、多くの皮目やしわがあり、年内に枝は褐色になる。冬芽(葉芽)は角状円錐形、長さ約5㎜、先が尖り、芽鱗は赤褐色。葉痕はハート形~半円形。葉柄は長さ(0.5)1~2㎝、無毛、基部が紅色を帯びる。葉は互生し、長さ5~9㎝、幅2~4㎝の卵状惰円形、全縁、先が急に尖り、基部は急に狭まる。葉の両面ともに無毛、葉表は暗緑色~緑色、葉裏は緑色~淡緑色。側脈は4対。雌雄別株。花芽は葉芽の両側につき、球形。雄花序、雌花序ともに長さ4~4.5㎜の短い花柄があり、総苞片は4個、赤色、 散形花序に花を5個ずつ集まってつける。雄花は花被片6個、やや透明感のある黄色、広惰円形、外花被片3個は長さ約2㎜、幅約1.5㎜、内花被片3個は長さ約1.7㎜、幅約1.3㎜、無毛又は外面に白色の毛があり、内面に毛が密生するものもある。雄しべは9個、外側に6個、内側に3個並び、内側の花糸に2個の黄色の腺体がある。雌花は小花柄に毛が密生し、広惰円形の花被片6個、、雌しべ1個、仮雄しべ9個がつく。外花被片3個は長さ約1.5㎜、幅約1㎜、内花被片3個は長さ約1.2㎜、幅約1㎜以下。仮雄しべは内側3個の花糸に腺体がある。子房は長さ約1㎜、惰円形、無毛。花柱は子房の長さの約1/2。柱頭は小さく、円盤状、赤褐色。果実は液果、直径約1.5㎝、黄褐色に熟す。果柄は長さ7~9㎜、先がやや太くなる。花托筒は直径約3㎜。種子は球形、赤褐色。2n=24
  ケアブラチャン var. pubescens は本州の日本海側、九州に分布し、葉の裏面の脈上に毛がある変種。品種とされることもある。
 ダンコウバイ Lindera obtusiloba は葉が広卵形、普葉の先が3裂するが、葉の切れ込みが浅い。花はやや大きく、花柄がない。果実が小さい。2n=24
 シロモジ Lindera triloba は本州(長野県、静岡県以西)、四国、九州に分布し、葉が三角状広倒卵形、全縁、普通、先が3中裂し、花序に柄がある。
 クロモジ Lindera umbellata は本州(東北地方南部以西)、四国、九州(北部)に分布する日本固有種。若い枝は皮目がなく、黄緑色~暗緑色、黒い斑が入る。枝や葉に芳香がある。
[花期] 3~4月 (果期 9~10月)
[樹高] 3~5m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 山地
[分布] 在来種  本州、四国、九州、中国
[撮影] 豊橋市  15.3.24
TOP Back