シロダモ  
[別名] シロタブ
[中国名] 舟山新木姜子 zhou shan xin mu jiang zi
[学名] Neolitsea sericea (Blume) Koidz.
クスノキ科 Lauraceae  シロダモ属
三河の植物観察
シロダモの花
シロダモの果実
シロダモの種子
シロダモの幹
シロダモ
シロダモ葉
シロダモ葉裏
 名のように、葉の裏が白く、ヤブニッケイによく似た3脈がはっきりした葉をつける。葉をもんでも、ヤブニッケイのような芳香はない。
 幹は暗褐色、小さな皮目が多い。葉は互生し、長さ8~18㎝、幅4~8㎝、長楕円形~卵状長楕円形、全縁、葉の光沢はヤブニッケイより少なく、大きさは倍近くもある。芽生えの頃は若葉が黄褐色の絹毛に覆われ、次第に毛がなくなり、淡緑色に変わる。葉裏は灰白色、3脈が目立つ。側脈は4~5対。葉柄は長さ2~3㎝。雌雄異株。 散形花序に小さい黄褐色の花が固まってつき、総苞片は広惰円形。花柄は無く、小花柄は長さ3~6㎜。花被片は4個、平開する。雄花は雄しべ6個。雌花は雌しべ1個、柱頭が白色。仮雄しべ6個。果実は長さ1.2~1.5㎝の楕円形の液果、1年後の花期になってやっと赤く熟す。種子は果実に1個入り、球形。
 同属のイヌガシは葉が小さく、春に暗紅紫色の花をつけ、果実は黒色に熟す。
 ヤブニッケイやタブノキは両性花。
[花期] 10~11月
[樹高] 10~15m
[生活型] 常緑高木
[生育場所] 暖地の山野
[分布] 在来種 本州(宮城県、山形県以南)、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、台湾
[撮影] 幡豆町  06.5.21
TOP Back