カゴノキ  鹿子の木
[別名] コガノキ、カゴガシ
[中国名] 朝鲜木姜子 chao xian mu jiang zi
[学名] Litsea coreana H.Lev
クスノキ 科 Lauraceae ハマビワ属
三河の植物観察
カゴノキの芽
カゴノキの枝
カゴノキの幹
カゴノキ
カゴノキ葉表
カゴノキ葉裏
 樹皮が鹿の子模様になることからカゴノキと名づけられている。この樹皮から見つけやすく、三河ではところどころで見かけられる。
 葉は互生し、薄い革質、全縁、先は鈍く、長さ5~9㎝の倒披針形~長楕円形、枝先に車輪状につく。葉裏は灰白色、無毛。葉柄は長さ8~15㎜。雌雄異株。葉脇に花が数個集まった小さな花序を多数つける。花序は無柄、4個の総苞片に包まれ、蕾のときは1つの花のように見える。花は淡黄色、花被の先は6裂する。雄花は雄しべ9個、長く突き出る。雌花にも葯が退化した短い仮雄しべがある。果実は直径約7㎜、倒卵形の小さなビワの実形の液果で翌年の秋に赤く熟す。
[花期] 8~9月
[樹高] 10~20m
[生活型] 常緑高木
[生育場所] 暖地の海岸、山地
[分布] 在来種 本州(関東地方以西)、四国、九州、朝鮮、台湾
[撮影] 豊田市  13.9.11
TOP Back