クワガタソウ  鍬形草
[学名] Veronica miqueliana Nakai
オオバコ科 Plantaginaceae  クワガタソウ属
三河の植物観察
クワガタソウのピンク花
クワガタソウの花
クワガタソウの果実
クワガタソウの茎
クワガタソウの葉2
クワガタソウ
クワガタソウの葉
 面の木付近は花の白いクワガタソウが多い。果実に細い萼片がつく形が兜に似ている。科はゴマノハグサ科からオオバコ科へ移動された。
 茎は直立又は斜上し、上向きの曲がった白色の毛がある。葉は対生し、葉柄は長さ0.5~2㎝、基部が合着する。葉身は長さ1~5㎝の卵形、縁に6~9対の低い鋸歯があり、先は鋭形、基部は円形、両面とも有毛。茎上部の葉は柄が短く、葉が大きくて、長い。上部の葉腋から出る短い総状花序に花を1~5個つける。小花柄は短く有毛。花は直径8~13㎜。花冠は淡紅紫色(淡ピンク色)、4深裂し、紅紫色の条線がある。条線の無い白色花も稀に見られる。雄しべ2個。雌しべ1個。萼は4裂し、萼片は狭倒披針形、やや先が尖り、果時にも残る。蒴果は扁平、2室、三角状扇形、先が少し凹み、基部はほぼ直線(切形)、縁毛があり、熟すと先が2裂する。果柄は長さ5~10㎜。種子は1室に約10個、扁平な惰円形。
 シロバナクワガタソウform. leucantha は白花品種。
 コクワガタ form. takedana は本州(中部以西)、四国、九州に分布する。全体に小型で花序が短い。葉の両面が有毛。茎に開出毛が密生する。花が淡紅紫色を帯びる。
 ヤマクワガタ Veronica japonensis はやや小型で、葉の鋸歯がやや浅く、茎の毛が開出する。蒴果は菱形状扇形、基部は広い楔形、先は少し凹み、有毛。花や葉による判別は難しく、蒴果の基部で判別するのが簡単である。
 ニシノヤマクワガタ(サンインクワガタ) Veronica muratae = Veronica japonensis var. occidentalis は本州(近畿~中国地方)の主に日本海側に分布し、湿地や湿った場所に生える。茎には上向きに曲がった毛が生え、葉はクワガタソウとよく似ている。蒴果が菱形状扇形、
 ヒメクワガタ Veronica nipponica 本州(中部)の日本海側に分布、高山帯のガレ場や草地に生える。花に条線がない。
 シナノヒメクワガタ Veronica nipponica var. shinanoalpinaは鈍頭または円頭となるヒメクワガタの変種。
 ミヤマクワガタ Veronica schmidtiana subsp. senanensis 本州(山形県、福島県~鳥取県)の高山帯に分布し、岩礫地や砂礫地に生える。茎は直立し、分枝せず、やや長い総状花序を直立し、花を10数個つける。花色が濃く、雄しべ、雌しべが長く、花から突き出る。
 キクバクワガタ Veronica schmidtiana subsp. schmidtiana 北海道の亜高山帯~高山帯に見られ、葉の切れ込みが深い。
[花期] 5月末~6月初旬
[草丈] 15~30㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 木陰
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(関東~中部地方)の太平洋岸
[撮影] 面の木   05.6.12
TOP Back