ヒヨクソウ  比翼草
[中国名] 疏花婆婆纳 shu hua po po na .
[学名] Veronica laxa Benth.
Veronica melissifolia auct. non Poir.
オオバコ科 Plantaginaceae  クワガタソウ属
三河の植物観察
ヒヨクソウ花序
ヒヨクソウの花
ヒヨクソウの葉裏
ヒヨクソウの葉柄
ヒヨクソウ
ヒヨクソウの葉
 多年草、高さ (15~)50~80㎝、全体に白色の多細胞の毛がある。茎は直立又は斜上、1本。葉は無柄又は短柄がある。葉身は卵形~卵状デルタ形、長さ2~5㎝×幅1~3㎝、縁は粗い歯状で主に重歯状。総状花序は1又は2個、中間から上部の葉腋につき、花は密でなく緩くつき、果時に長さ20㎝以下。苞は広線形~倒披針形、長さ約5㎜。花柄は苞よりかなり短い。咢は4裂、裂片は線状披針形、ほぼ等長、花時に長さ約4㎜、果時に5~6㎜。花冠は淡紅紫色~淡青紫色(紫色~青色)、開出し、直径6~10㎜。花冠筒部は1.5㎜以下、のど部に毛がある。花冠裂片は円形~菱状卵形。雄しべはほとんど花冠と同長。蒴果は倒心形、つよく、扁平、長さ4~6㎜×幅5~6㎜、多細胞の縁毛があり、基部は楔形~円形。花柱は長さ3~4㎜。種子は室に2~10個、卵形、扁平、長さ約1㎜。花期は6月。2n = 46 , 64(x=16 インド)
 愛知県では稀な植物であり、絶滅危惧Ⅱ類に分類されている。全国的にはよく見られる地方もあり、リスト外。
[花期] 6~7月
[草丈] (15~)50~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の草地、林縁
[分布] 在来種 北海道(西南部)、本州、四国、中国、インド、カシミール、パキスタン
[撮影] 茶臼山  06.7.16
TOP Back