イヌノフグリ  犬の陰嚢
[中国名] 婆婆纳 po po na
[英名] grey field speedwell
[学名] Veronica polita Fr. var. lilacina (T.Yamaz.) T.Yamaz.
Veronica polita Fr. 広義
Veronica didyma Tenore var. lilacina (Hara) Yamazaki
オオバコ科 Plantaginaceae  クワガタソウ属
三河の植物観察
イヌノフグリ花
イヌノフグリ萼
イヌノフグリ果実
イヌノフグリ果実
イヌノフグリ果実の内
イヌノフグリ種子
イヌノフグリ
イヌノフグリ2
イヌノフグリの葉
 科はゴマノハグサ科からオオバコ科へ移動された。
 最近ではなかなか見られない。暖地では2月から花が見られ、葉が赤色を帯びている。茎は分枝して曲がりながら横に広がり、先が斜上する。葉は下部では対生、上部では互生し、長さ0.6~1㎝の卵円形、縁に鋸歯があり、白毛が散生する。鋸歯は2~3(ときに4)対と少ない。葉柄は長さ3~7㎜。茎の上部の葉脇に直径約0.5㎝の葉柄のある花を1個付ける。花冠は4裂し、淡紅紫色。萼も4裂する。蒴果はやや扁平で、丸く、表面に白毛があり、腺毛が混ざる。種子は長さ約1.5㎜、種沈がある。
 帰化種は花が青く、花が大きいオオイヌノフグリ 、花が小さいタチイヌノフグリフラサバソウは花冠の裂片の間に隙間があり、全体に毛が多く、葉の鋸歯が少ない。
[花期] 2~4月
[草丈] 10~25㎝
[生活型] 越年草
[生育場所] 道端、石垣の隙間
[分布] 在来種 本州(中部地方以西)、四国、九州、沖縄、アジア、アフリカ、ヨーロッパ
[撮影] 蒲郡市竹谷町  05.4.9
TOP Back