ヤエムグラ  八重葎
[英名] false cleavers , stickywilly
[中国名]

猪殃殃 zhu yang yang

[学名] Galium spurium L.var. echinospermon (Wallr.)Hayek
アカネ科  Rubiaceae ヤエムグラ属
三河の植物観察
ヤエムグラの花序
ヤエムグラの花
ヤエムグラの花横
シラホシムグラの淡黄白色の花
ヤエムグラの果実
ヤエムグラの果実の刺
ヤエムグラの種子
ヤエムグラの葉裏の刺
ヤエムグラの茎
ヤエムグラ
ヤエムグラ2
ヤエムグラの葉の刺
ヤエムグラの葉裏
ヤエムグラ果実の分果
 和名は何重にも重なって生えることから。茎や葉の刺で、衣服にひっつくのできらわれる。写真の花は直径約1.5㎜、果実は長さ3.5~4㎜の大きさがあり、刺の基部が膨れている。日本のものはこれが普通と思われる。Galium spurium L.var. echinospermonの下記の解説(主にFlora of China)とは合致していない。Jepson eFloraではGalium aparine は花冠がほぼ白色で、Galium spuriumは黄色と区別している。
 発芽時の子葉(しよう)は長さ5~10㎜、幅2~4㎜。茎は4稜形、幅0.5~2.5㎜、稜に下向きの刺が生え、節はほぼ無毛~長毛がある。葉は茎の中部付近で長さ5~40㎜、幅1~5(8)㎜の狭倒披針形~狭長楕円状倒披針形、6~8個が輪生し、枝先では少なく、5個程度になる。輪生する葉の1対だけが葉であり、他は托葉が変形したものである。これがこの属の特徴の1つである。葉基部は鋭形、縁は平坦又は狭く外巻きし、先端は鋭形で微凸形、針状にやや下向きに尖る。葉の表面に先が上向きに曲がった剛毛があり、裏面の縁と脈上にも先が下向きに曲がった剛毛が生え、微長軟毛があることもある。葉脈は1本。花序は頂生、腋生。(1)2~数個の花が集散花序につく。苞は葉状又は欠き、長さ1~5㎜。の花序柄は長さ1~4㎝、花柄は長さ0.5~15㎜。花冠は4裂し、直径1~1.5㎜、黄緑色~白色。花冠の下に2個の球をつけた形の子房がある。子房は長さ0.3~0.5㎜のほぼ球形、表面に先が鉤状に下向き(先向き)に曲がった刺毛がある。雄しべ4個。果実(痩果)は2分果、熟すと、褐色になり、分果に分かれて取れやすくなる。分果は長さ1~3(約1.5)㎜の腎形、鉤状毛は長さ0.1~1㎜、毛の基部は膨らまない。 種子は分果に1個ずつ入る。2n=20,40。
 Galium spurium は広義の G. aparine 集団に属し、多様な倍数体 (2x and 4x, 2n = 20, 40) の要素をもつ。G. aparine と G. spuriumは多くの変種があり、 同義語が多く、誤りも多い。Galium spuriumの特徴は花と果実の大きさの形態的な相違であり、染色体数に高い倍数性や異数性を含まない。
 Galium spurium var. spurium (= G. aparine var. leiospermumは西ユーラシアに自生し、果実が無毛である。
 
 シラホシムグラGalium aparine L.(狭義) 原拉拉藤 yuan la la teng (bedstraw, catchweed)は西ユーラシア、地中海沿岸に自生し、世界に広がっている。子葉は長さ8~15㎜、幅6~9㎜の卵形。草丈30~40(長さ150)㎝。茎は稜に下向きの刺があり、節はほぼ無毛~長毛がある(密に毛があることが多い:Cabi)。葉はほぼ無柄、茎の中間では6~10個が輪生し、葉身は長さ10~60㎜、幅 3~10㎜(長さ5~40㎜、幅4~6㎜)。花序は腋生の束生(集散花序)。花柄1~5㎝、小花柄1~30㎜。子房は鉤状の毛があり、ほぼ球形、直径0.3~0.5㎜。花冠は直径1.5~2㎜、黄緑色~白色(ほぼ白色:Jepson eFlora)。分果は長さ2.5~5(2~4)㎜の腎形、長さ0.4~1.2㎜の基部が膨らんだ鉤状の毛がある。6倍体の花粉は幅25~31µm。2n=22~88(64,66が多い)
 Galium aparineは北アメリカ原産ではない。日本ではシラホシムグラと呼ばれるようになったが、黄緑色の花のものもあり、ヤエムグラにも花が白色のものがあり、節に毛のあるものも両者に存在する。花が大きく、果実がやや大きく、果実の刺の基部が膨らみ、染色体数が異なることでGalium spurium と区別できるとされている。ただし黄色の花のヤエムグラと思われるものにも果実が大きく、果実の刺の基部が膨らむものもある。正確な同定には染色対数の確認が必要であるが、Jepson eFloraではGalium aparine は花冠が直径約2㎜、ほぼ白色で、Galium spuriumは黄色と区別している。ヤエムグラの花が淡色で白っぽく見えるものも見かけるが、採取して室内で見ると淡黄緑色が確認でき、花の直径と白さで判別できるものと思われる。
 U.S.A.では学名にGalium spuriumを含めた広義のGalium aparine L.が普通、使われている。この説ではvar. aparine、 var. echinospermum、 var. leiospermum、 var. tenerum.を4変種としている。狭義に扱う場合は後者3つを Galium spuriumの3変種とする。
[花期] 4~6月
[草丈] 30~50(長さ200)㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 道端,、荒地
[分布] 在来種 日本全土、中国、アフリカ、ユーラシア、地中海沿岸
[撮影] 蒲郡市形原町 02.3.24
TOP Back