キヌタソウ  砧草
[中国名] 显脉拉拉藤 xian mai la la teng
[学名] Galium kinuta Nakai et Hara
アカネ科 Rubiaceae  ヤエムグラ属
三河の植物観察
キヌタソウの花序
キヌタソウの花
キヌタソウの花
キヌタソウの花
キヌタソウ
キヌタソウの葉
 和名の由来は果実の形が布をたたいて柔らかくする木づちの砧(きぬた)に似ていることから。
 茎の断面は四角形で、無毛。葉は4個輪生し、長さ3~5㎝の卵状披針形、3脈が目立ち、葉先が長く尖り、柄はない。茎頂の円錐状の集散花序に小さな花を多数つける。花冠は直径約2~3㎜、白色、4裂し、裂片の先が細く尖る。雄しべ4個。果実は2分果。分果は球形。果実に1個だけの分果となることが多く、これが砧に似ているようだ。2n=66
[花期] 7~9月
[草丈] 30~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林縁
[分布] 在来種  本州、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 伊吹山   02.8.2
TOP Back