オオバノヤエムグラ  大葉の八重葎
[中国名] 东北猪殃殃 dong bei zhu yang yang
[学名] Galium pseudoasprellum Makino
Galium pseudoasprellum Makino var. pseudoasprellum
Galium dahuricum Turczaninow ex Ledebour var. lasiocarpum (Makino) Nakai
アカネ科 Rubiaceae  ヤエムグラ属
三河の植物観察
オオバノヤエムグラの花
オオバノヤエムグラの葉
オオバノヤエムグラの果序
オオバノヤエムグラの果実
オオバノヤエムグラの果実
オオバノヤエムグラの茎
オオバノヤエムグラ
オオバノヤエムグラ花序
オオバノヤエムグラの葉
 茎は枝分れし、つる状になる。茎には4稜があり、小さな逆刺がある。葉は長さ1.5~2.5㎝、幅5~10㎜、4~6個輪生し、倒被針形~楕円形で、葉の先は急に狭まり短い刺状になる。上部では4~5個輪生、下部では5~6個輪生し、花序のつく葉は小さくて幅が狭い。枝先や葉腋から分岐した細長い花序を出し、黄緑色の小さな花を多数つける。花冠は直径約1.5㎜、4裂する。果実は2分果、直径1.5~2㎜、逆刺がある。
 名前とは違いヤエムグラとはあまり似ていない。ヤエムグラは葉が6~8個輪生する。花序が小さい。
 キクムグラ(マルバノヨツバムグラ) Galium kikumugura は葉が長さ6~15㎜、幅3~8㎜、4個まれに5個輪生し、葉先が鈍頭で、先端が刺状になる。小花柄が短く、花が白色。
 ビンゴムグラ Galium pseudoasprellum var. bingoense はオオバノヤエムグラによく似ており。葉が茎の基部から4個輪生する。
 ヤブムグラ Galium niewerthii は中国の浙江省(昌化)と日本に分布し、中国名を昌化拉拉藤という。茎が無毛、葉が4~5個輪生し、果実が無毛。Flora of China ではダリアムグラ Galium davuricum var. dahuricum と同一とし、中国名は大叶猪殃殃( da ye zhu yang yang)といい、中国、朝鮮、ロシアに分布する。
 ヤマムグラ Galium pogonanthum は茎が無毛、葉が4個輪生し、花冠の外側に白毛がある。
 コメツブヤエムグラ Galium divaricatum は地中海沿岸、黒海周辺原産、世界に広く帰化している。茎は細く、よく分枝し、葉が5~8個、輪生する。葉は長さ5~7㎜、幅約0.5㎜と細い。開花は6~7月。果実は無毛、刺が無い。2n=44
[花期] 8~10月
[草丈] 50~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林内、林縁
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 豊田市(旧稲武町)  7.9.15
TOP Back