オオシマザクラ  大島桜
[学名] Cerasus speciosa (Koidz.) H.Ohba
Prunus lannesiana (Carriere) E.H.Wilson var. speciosa (Koidz.) Makino
バラ科 Rosaceae  サクラ属
三河の植物観察
オオシマザクラ花
オオシマザクラ中心が淡紅色の花
オオシマザクラの萼
オオシマザクラの果実
オオシマザクラの落ちた果実
オオシマザクラの萼片の鋸歯
オオシマザクラの葉柄
オオシマザクラの幹
オオシマザクラ
オオシマザクラの枝
オオシマザクラ葉
オオシマザクラ葉の鋸歯
オオシマザクラ花柄
 大島など伊豆諸島に自生し、伊豆諸島の近辺にもあるが、伊豆諸島以外のものは自生ではないといわれている。公園などにはよく植えられており、野生化しているものも多い。西浦半島で野生化しているものは花が直径約3㎝とやや小さく、1花序に5個花がつくものがあり、萼片にほとんど鋸歯がなく、ヤマザクラに近い。しかし、若葉などは緑色で、葉の鋸歯の先が芒状になっており、オオシマザクラである。
 幹は暗灰色、濃褐色の大きい皮目がある。葉は互生し、長さ8~13㎝の倒卵状長楕円形、重鋸歯縁。鋸歯の先が芒状になるのが特徴である。葉は両面とも無毛であり、桜餅の葉はこの若葉を塩漬けにしたものである。葉柄は長さ1.5~3㎝、無毛。蜜腺は葉柄の上部にあり、しばしば最下の鋸歯の先にも小さな紅色の腺体が見える。長さ1~3㎝の花序柄の先に散形状に3~4(5)個の花がつく。苞は三角状倒卵形、上半部に鋸歯があり、苞や芽鱗の内面には毛がある。花柄(小花柄又は花梗)は2~4㎝、無毛。花は大きく直径3~4㎝、普通、白色、葉の展開とほぼ同時に開花する。花には芳香がある。花弁の先端に小さな切れ込みがあり、散り際に花弁の下部と花糸が淡紅色になる。萼筒は長さ7~8㎜のやや細い長鐘形。萼片は披針形、縁に鋸歯がある。果実は多数つく、直径約1.2㎝の球形の核果、赤色~黒紫色に熟し、落ちて黒色になる。
 ソメイヨシノはオオシマザクラとエドヒガンの雑種と考えられている。オオシマザクラは花が大きく、オオシマザクラ系の園芸品種は多い。
[花期] 3月下旬~4月上旬
[樹高] 8~10m
[生活型] 落葉高木
[生育場所] 沿海地の丘陵、山地
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(房総半島、三浦半島、伊豆半島、伊豆諸島)
[撮影] 西尾市(幡豆町)  12.4.12
TOP Back