シキザクラ  四季桜
[学名] Cerasus × subhirtella (Miq.) Sokolov 'Semperflorens'
Prunus× subhirtella Miq. 'Semperflorens'
バラ科 Rosaceae  サクラ属
三河の植物観察
シキザクラ葉
シキザクラ花
シキザクラ
シキザクラ
  豊田市小原地区(旧小原村)の四季桜は、1820年頃に譲り受けた苗を植えたものが親木となっていると言われている。小原地区では、地区のいたるところで四季桜を見ることができ、林の中でも見られるほどになっており、自生しているように見えるものもある。豊田市前洞町には樹齢100年を越すものがあり愛知県の天然記念物に指定されている。
 ともに野生種であるエドヒガンCerasus spachiana Lavalee ex H.Otto var. spachiana form. ascendens (Makino) H.Ohba とマメザクラ(別名 フジザクラ)Cerasus incisa (Thunb.) Loisel. var. incisa の交配種といわれ、園芸品種が売られている。花は淡紅色、一重の5弁。夏に大きくなった花芽が落葉の11月頃順次開花し、残った花芽が冬を越して4月上旬頃、芽吹きと同時期に開花する。春は花が大きいが、花数が少なく、秋は花が多く、葉も落ちて花だけになる。紅葉と同時に桜が見られる11月が見どきである。
 秋~冬に開花する桜は他にジュウガツザクラ、コブクザクラ、フユザクラがある。ジュウガツザクラやコブクザクラは花が八重である。 
シキザクラ幹
[花期] 3~4月、10~12月(11月)
[樹高] 10~15m
[生活型] 落葉高木
[生育場所] 道端、荒地などに普通
[分布] 園芸品種 
[撮影] 豊田市小原町(旧 小原村)  07.11.23
TOP Back