ヤマザクラ  山桜
[英名] hill cherry, Japanese mountain cherry
[学名] Cerasus jamasakura (Siebold ex Koidz.) H.Ohba
Cerasus serrulata auct. non (Lindl.) Loudon
Prunus serrulata Lindl. var. spontanea (Maxim.) E. H. Wilson
Prunus jamasakura Sieb. ex Koidz.
バラ科 Rosaceae  サクラ属
三河の植物観察
ヤマザクラの葉
ヤマザクラの萼
ヤマザクラの蕾
ヤマザクラの果実
ヤマザクラの葉柄
ヤマザクラの幹
ヤマザクラ
ヤマザクラの花
ヤマザクラの葉
 最近ではソメイヨシノが桜の代表だが、三河で自然に生えるものはほとんどこのヤマザクラである。
 幹は紫褐色~暗褐色、褐色の皮目が目立つ。葉と花が同時に展開する。葉は互生し、長さ8~12㎝の長楕円形で、先は尾状に尖り、縁は単鋸歯または重鋸歯。単鋸歯が多く、鋸歯の先は尖るが芒状にはならない。葉の基部は広楔形~円形。葉の表面は無毛、裏面は粉白色。葉の展開時に葉が褐色を帯びる。葉柄は赤みを帯び、長さ2~2.5cm、上部に赤い密腺が2個つく。散房状に2~5個の花がつき、花序の柄(花序軸))は長さ5~15㎜。花は直径2.5~3.5㎝の5弁花、白色~淡紅色、花柄(小花柄)は長さ1.4~3.2㎝。花の各部も無毛。萼は無毛、萼筒は長さ5~7㎜の長鐘形、萼片は細く、鋸歯は無い。果実は直径7~8㎜の球形の核果で赤くなり、熟すと黒紫色になる。食べると少し甘いが、苦味がある。
 やや標高の高いところに生えるオオヤマザクラは葉の基部が心形~円形、鋸歯の先に腺がある。花は普通、淡紅色、散房状に2~3個つき、花序の柄はほとんどない。
 カスミザクラもやや標高の高いところに生える。葉、葉柄、萼、花柄などに毛が多く、別名、ケヤマザクラともいう。ただし、毛の少ないこともある。花はほぼ白色、花序の柄は長さ約1㎝。
 オオシマザクラは葉、萼、花柄などに毛がなく、萼片に鋸歯がある。葉の鋸歯の先が芒状になり、葉が展開するときから普通は緑色。花が、普通、白色で、大きい。
[花期] 3~4月
[果期] 5~6月
[樹高] 15~25m
[生活型] 落葉高木
[生育場所] 山地
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(宮城、新潟以西)、四国、九州
[撮影] 幡豆町   10.3.31
TOP Back