マメザクラ  豆桜
[別名] フジザクラ 富士桜
[英名] Fuji cherry
[学名] Cerasus incisa (Thunb.) Loisel. var. incisa
Prunus incisa Thunb.
バラ科 Rosaceae  サクラ属
三河の植物観察
マメザクラ花
マメザクラ花後
マメザクラの苞と萼
マメザクラの葉表
マメザクラの蜜腺
マメザクラの幹
マメザクラ
マメザクラ2
マメザクラ萼
マメザクラ葉の重鋸歯
マメザクラ葉裏
 富士山近辺やその山麓、箱根近辺等に自生する野生種。ヤマザクラとほぼ同じ時期に開花する。
 幹は樹皮が暗灰色、皮目が横に並ぶ。枝はよく分枝し、若枝はほぼ無毛、まれに有毛。葉は互生し、葉柄は長さ5~9㎜、斜上毛が密生する。葉身は倒卵形~卵形、長さ2~5㎝、幅1.5~3㎝、基部は円形、先は尖鋭形、尾状に尖る。葉縁は欠刻状重鋸歯。蜜腺は葉身の基部又は葉柄の上部につき、しばしば柄がある。葉の展開前又はほぼ同時に開花する。前年枝の葉腋に散形状に花を1~3個つける。苞は長さ3~4㎜、縁に鋸歯がある。花柄は長さ8~15㎜、斜上毛がある。萼は筒状鐘形、赤色を帯びる。萼筒は長さ5~6㎜。萼片は5個、卵状楕円形、先は鈍形、全縁。花は直径約2㎝。花弁は5個、白色~淡紅色、広楕円形~倒卵形、長さ約1㎝、先は凹形。雄しべは約38個。雌しべは1個、雄しべとほぼ同長又はやや長い。花柱は無毛。子房は卵形、緑色、無毛。果実は球形の核果、直径約8㎜、熟すと黒色。核は扁平な卵形、長さ6~7㎜、淡褐色、平滑。
 キンキマメザクラ var. kinkiensis は本州の日本海側に主に分布する変種。開花は4月上旬~5月上旬。葉はマメザクラより大きく、長さ5~6㎝、幅2~5㎝。花は直径1.5~2㎝。萼はマメザクラより細長く、細長い鐘形。萼筒は長さ7~10㎜。萼片もマメザクラより長く、長さ3~5㎜の披針形~楕円形、縁毛がある。
[花期] 3月下旬~5月上旬
[樹高] 3~5(10)m
[生活型] 落葉低木~小高木
[生育場所] 低山~亜高山の林内
[分布] 在来種 本州(関東~中部地方)
[撮影] 豊橋市   16.4.6
TOP Back