ヤエベニシダレ  八重紅枝垂
[学名] Cerasus spachiana Lavalee ex H.Otto form. spachiana 'Yaebenishidare'
Cerasus spachiana Lavalee ex H.Otto 'Pleno-rosea'
Prunus pendula Maxim. cv. Pleno-rosea
バラ科 Rosaceae  サクラ属
三河の植物観察
ヤエベニシダレ花序
ヤエベニシダレの萼
ヤエベニシダレ花
ヤエベニシダレの蕾
ヤエベニシダレ
ヤエベニシダレの垂れた枝
 野生種のエドヒガン系の枝がしだれ、花弁が多く、花色が濃い園芸品種、江戸時代から栽培されている。日本各地に植えられ、特に、仙台市内に多く、仙台八重枝垂ともいわれる。京都の平安神宮も有名である。幸田町の幸田文化公園には約350本が植えられ、毎年、4月上旬に幸田しだれ桜まつりが開催されている。この公園にはエドヒガンのかなり大きい木があり、オオシマザクラなども見られる。
 花以外はイトザクラ(シダレザクラ)とほぼ同じ。萼筒は濃紅紫色、太い壷形であり、有毛。花弁はやや捻じれ、15~20個つく。
[花期] 3~4月
[樹高] 15~20m
[生活型] 落葉高木
[生育場所] 公園、寺院
[分布] 園芸品種
[撮影] 幸田町   12.4.2
TOP Back