オカトラノオ  岡虎の尾
[中国名] 矮桃 ai tao
[英名] gooseneck loosestrife
[学名] Lysimachia clethroides Duby.
サクラソウ科 Primulaceae  オカトラノオ属
三河の植物観察
オカトラノオ花序
オカトラノオ蕾と花茎の毛
オカトラノオ花序2
オカトラノオの果実
オカトラノオの果実2
オカトラノオ
オカトラノオ2
オカトラノオの6弁花
オカトラノオの種子
 茎には短毛がまばらに生え、葉や苞の基部はやや赤味を帯びる。葉は互生し、長さ6 ~13㎝、幅2 ~5 ㎝の長楕円形~狭卵形、先が尖る。茎頂に長さ10~20㎝の総状花序を伸ばし、花序が一方へ傾き、花序の先端が跳ね上がるように曲がることも多い。花冠は白く、直径は8~12㎜、深く5裂、まれに6裂。蒴果は長さ約2.5㎜の卵球形。種子は暗褐色、長さ1.1~1.3㎜。2n=24
 ヌマトラノオは全体に無毛、葉幅が狭く、花序が直立する。
 ノジトラノオは茎に開出毛が密生し、葉幅がやや狭く、蒴果が直径約2㎜の球形。
[花期] 6~7月
[草丈] 60~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 日当たりのよい草地、林縁
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、ロシア
[撮影] 作手村    05.7.10
TOP Back