ハマボッス  浜払子
[中国名] 滨海珍珠菜 bin hai zhen zhu cai
[英名] spoonleaf yellow loosestrife
[学名] Lysimachia mauritiana Lam.
サクラソウ科 Primulaceae   オカトラノオ属
三河の植物観察
ハマボッスの花
ハマボッスの未熟な果実
ハマボッスの完熟した果実
ハマボッスの葉
  
ハマボッス
ハマボッス冬
ハマボッス種子
 和名の由来は仏具の払子に姿が似ていることから。茎は稜があり、赤味を帯びる。葉は互生し、厚く光沢があり、長さ2~5㎝。花は総状花序に多数つく。花冠は直径約1㎝、白色、5深裂する。雄しべ5個、花糸は短い。蒴果は直径約5㎜の球形、熟すと先に穴が開き、種子を落とす。赤褐色の蒴果をつけて冬季にも枯れて残っている。種子は長さ約1㎜、黒褐色、3稜形、表面にゴルフボールのような多数の浅い窪みがある。2n=20
[花期] 5~6月
[草丈] 10~40㎝
[生活型] 2年草
[生育場所] 海岸
[分布] 在来種 日本全土、朝鮮、中国、台湾、フィリピン、インドネシア、モーリシャス、レユニオン島、太平洋諸島
[撮影] 蒲郡市西浦町  02.5.30
TOP Back