コナスビ 小茄子
[中国名]

小茄 xiao jia

[英名] Japanese yellow loosestrife
[学名] Lysimachia japonica Thunb.
サクラソウ科 Primulaceae  オカトラノオ属
三河の植物観察
コナスビの花
コナスビの6弁花
コナスビの萼
コナスビの蕾
コナスビの果実
コナスビ果実の上から
コナスビ果実の中
コナスビ
コナスビ種子
コナスビ葉
コナスビ葉と茎
 街中の道端から山の中まで生育範囲は広く、普通に見られる。和名の由来は果実がナスに似て小さいことから。
 茎は紫褐色を帯び、地をはう。茎や葉など全体に軟毛がある。葉は対生し、有柄、長さ1~2.5㎝、幅1~2㎝の広卵形。上部の葉裏や萼などに淡紫褐色の細かな斑点がある。花は直径5~7㎜、黄色、まれに白花も見られる。。花冠は5裂、まれに6裂する。萼裂片は花冠の裂片と同数、先が鋭く尖る。雄しべの数は5個。果実は直径約5㎜の球形。種子は暗赤褐色、長さ約1㎜、2稜のある錐状、全面に突点がある。2n=18,20,22。
 帰化が報告されている園芸植物のコバンコナスビ(ヨウシュコナスビ)は花の直径が約2㎝と大きく、葉が楕円形で毛がほとんどない。
[花期] 5~6月
[草丈] 10~30㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端、草原、林縁
[分布] 在来種  日本全土、朝鮮、中国、台湾、インド、ブータン、インドネシア
[撮影] 幸田町  07.5.19
TOP Back