ノイバラ  野茨
[別名] ノバラ
[中国名] 野蔷薇 ye qiang wei
[英名] multiflora rose, baby rose, rambler rose
[学名] Rosa multifora Thunb.
Rosa polyantha Siebold et Zucc.
バラ科 Rosaceae  バラ属
三河の植物観察
ノイバラ花序
ノイバラ花
ノイバラ托葉
ノイバラ托葉
ノイバラ花柄と萼片
ノイバラ偽果
ノイバラ茎と刺
ノイバラ
ノイバラ痩果
ノイバラ葉表
ノイバラ葉裏
ノイバラ葉裏の白毛
ノイバラ托葉
 日本の低地で普通に見られる。茎は直立して分枝し、又は他のものに寄りかかって伸び、鉤形の刺が対につく。葉は互生し、葉柄を含めて長さ5~10㎝、小葉が(3)5~9個の奇数羽状複葉、根元の小葉の方が小さい。小葉は葉表に光沢がなく、長さ1~5㎝、幅0.8~2.8㎝の倒卵形~惰円形~卵形、先が鋭頭~鈍頭、基部は円形~楔形、、縁に鋭鋸歯がある。葉面は無毛、葉裏は毛が密生又は散生する。托葉はクシの歯状に切れ込み、普通、腺毛が密生し、腺毛が縁だけのものもある。円錐花序に花が多数つき、花数が少ないと散房花序になる。苞は早落性。花は直径1.5~2㎝の白色(まれに淡紅色を帯びる)の五弁花、花弁の先が凹む。花柄は長さ1.5~2.5㎝、軟毛があり、ときに腺毛も混じる。雄しべは多数。花柱は合着して柱状になり無毛。花托筒(萼筒)はつぼ形、無毛。萼片は広披針形、内面と縁に綿毛があり、小裂片があることも多く、腺毛があることもある。花托筒が多肉質になりバラ状果と呼ばれる偽果を作る。偽果は直径6~9㎜の類球形、秋に赤く熟し、光沢があり、冬まで残る。痩果は長さ約4㎜、偽果に5~12個入る。2n=14,21
 ウスアカノイバラform. rosipetala 花が淡紅色の品種。
 ミシマイバラ Rosa x misimensis 神奈川県で見つかったテリハノイバラとノイバラの推定雑種。 開花期が重複することが稀なので生じる機会は少ない。
 テリハノイバラ Rosa luciae は茎が直立せず、地面を這う。花期がノイバラより遅く、花が大きい。葉は質が厚く、表面に光沢があり、葉裏も無毛。托葉は葉柄と合着した部分の幅が広く、縁は鋸歯状。
[花期] 5~6月
[樹高] 1~2m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 原野、河原、山
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾
[撮影] 新城市   05.5.29
TOP Back