ウルシ科   Anacardiaceae
分類 被子植物(Angiosperm)-真正双子葉類(Eudicots)-コア真正双子葉類(Core eudicots)-バラ上群(Superrosids)-アオイ類(malvids)-ムクロジ目(Sapindales)
分布 熱帯から温帯中心に世界に約72属550種が分布し、日本にはウルシ属、チャンチンモドキ属、ランシンボク属などが分布する。
特徴 低木、高木、つる性木、又は多年草。樹皮や葉に樹脂を出す分泌腺の導管(樹脂道)がある。植物はテレビン油(turpentine)の臭いあり、傷つけると黒変する。雌雄同株、不完全異株、雌雄異株。葉はしばしば先で束生し、互生、 無托葉、単葉~三小葉~奇数羽状複葉。花序は頂生又は腋生の密錐花序又は円錐花序。苞は小さく又はときに大きく、膜質、花柄に融着する(ドビネア属)。花は小さく、放射相称、3~5数性、両性~単性。花托はときに大きくなり、樽形(マンゴー属)。花被は普通、2重(カイノキ属では1重、キルトカルパ属の雌花には無い)。萼片は基部で融着し、分裂し(カイノキ属では苞状)、蕾では覆瓦状又は敷石状、脱落性又は宿存性。花弁は分離又は発達した花托に基部で合着し、覆瓦状又は敷石状、脱落性又は宿存性。雄しべは1~2輪につき、稔性の雄しべは1個(カシューナットノキ属、マンゴー属)~数個~全て。花糸は細く、ときに基部で合着する(カシューナットノキ属)。葯は卵形~長楕円形、内向き、背着又は底着、縦に裂開し、2室、4胞子嚢をもつ。花盤は普通、見え、内雄しべ花盤又は外雄しべ花盤、肉質、小円鋸歯状、柄状、又は5~10刻み目状、円形、平坦又は類丸屋根状。子房は上位、ときに子房周位又は子房下位(ペギア属、セメカルパス属)。 (a) 1心皮、1室、(b) 合成心皮、2~5室 (まれにそれ以上)、(c) 4~6心皮、 離生心皮(ヤマソヤ属)、 (d) 5心皮、不完全な合着 (ドラコントメロン属)。柱頭は1~5個(まれにそれ以上)、分離、それぞれ1個の下転胚珠(apotropous ovule)をもち、普通1つの心皮が大きくなり、成熟する。果実は核果又は乾果、非裂開性(キルトカルパ属)、ときに花柄や花托から形成される大きな肉質の果托(hypocarp)の上につき (カシューナットノキ属、 セメカルパス属) 、又は膜質の成長し続ける苞に融着する(キルトカルパ属)。1~5室(まれにそれ以上)あり、1室に1種子。外果皮は薄く、中果皮は普通、肉質~繊維質~樹脂質。内果皮は皮殻質~骨質。
栽培 ウルシは漆を採取する。果物のマンゴー(マンゴー属)やナッツのカシューナッツ(カシューナットノキ属)、ピスタチオ(カイノキ属)もこの科に属す。
ウルシ属 ツタウルシ Toxicodendron orientale Greene
ハゼノキ Toxicodendron succedaneum (L.) Kuntze
ヤマウルシ Toxicodendron trichocarpum (Miq.) Kuntze
ヤマハゼ Toxicodendron sylvestre (Siebold et Zucc.) Kuntze
ヌルデ属 ヌルデ Rhus chinensis Mill
TOP Back