オモダカ科  Alismataceae
分類 被子植物(angiosperm)-単子葉類(Monocots) -オモダカ目(Alismatales)
分布 北半球の温帯から熱帯に約13属100種が分布し、日本に数種の自生種がみられる。
特徴 多年草まれに1年草。水生、湿地に生え、ときに根茎をもつ。葉は根生し、線形~披針形~楕円形~卵形~円形~矢じり形、長い葉鞘の柄がある。葉脈は平行、余白があり、先まで届き、横脈で繋がる。花はしばしば花茎の節に輪生し、総状花序、円錐花序、散形花序を形成し、有柄、放射相称、両性又は単性、雌雄混株、普通、普通、苞がある。萼片は3個、宿存性、緑色。花弁は3個、脱落性、普通、白色ときに黄色。雄しべ3個~多数、輪生し、長い花糸がある。葯は2室、外向き、縦の隙間から裂開する。心皮は3個~多数、輪生又は螺旋状に並び、分離する。胚珠は1~数個。花柱は宿存性。果実は房状又は輪生し、側面が扁圧した痩果、小石果、たまに袋果。種子は曲がり、馬蹄形の胚をもつ。胚乳は無い。
栽培 オモダカは漢方名を澤瀉(たくしゃ)といい、利尿剤として用いられる。クワイはおせち料理には欠かせない存在である。
オモダカ属 ウリカワ Sagittaria pygmaea Miq.
オモダカ Sagittaria trifolia L.
クワイ Sagittaria trifolia L. 'Caerulea'
ナガバオモダカ Sagittaria graminea Michx.
サジオモダカ属 ヘラオモダカ Alisma canaliculatum A.Br. et Bouche
ミズヒナゲシ属 ミズヒナゲシ Hydrocleys nymphoides(Humb. et Bonpl. ex Willd.) Buchenau
TOP Back