オモダカ  面高
[別名] ハナグワイ
[中国名] 野慈姑 ye ci gu
[英名] threeleaf arrowhead, swamp-potato
[学名] Sagittaria trifolia L.
Sagittaria sagittifolia L. subsp. leucopetala (Miq.) Hartog
オモダカ科 Alismataceae  オモダカ属
三河の植物観察
オモダカ雄花序
オモダカ雌花序
オモダカ果実
オモダカ葉
オモダカ
オモダカ花
オモダカ葉先
 食用のクワイはオモダカの栽培品種で、塊茎が2~3倍あるもの。
 オモダカは秋に匍匐枝を出し、塊茎をつけて越冬する。沈水葉(水中葉)は線形。水上葉は長さ7~15㎝の三角状矢じり形で、下の2個の側裂片が頂裂片より長くなり、先が鋭く尖る。花は総状花序につき、3個ずつ輪生する。花は単性花で、花序の上部に黄色の雄しべが目立つ雄花、下部に雌花がつく。雄花だけの花序や雌花だけの花序もある。雄花、雌花とも直径約2㎝。花弁は3個。果実は扁平な痩果が多数集合して球形になり、表面にとげがある。痩果は長さ3~5㎜、扁平、翼がある。2n=22
 類似のアギナシは匍匐枝を出さず、葉脇に多数の球芽をつけ、葉の側裂片の尖った先が丸くなる。
[花期] 8~10月
[草丈] 20~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 水田、沼、湿地、ため池
[分布] 在来種 日本全土、朝鮮、中国、台湾、ロシア、ウクライナ、南アジア
[撮影] 豊川市  09.9.3
TOP Back