トウバナ  塔花
[中国名] 细风轮踩 xi feng lun cai
[学名] Clinopodium gracile (Benth.) O. Kuntze.
シソ科 Lamiaceae   トウバナ属
三河の植物観察
トウバナの花序
トウバナの花
トウバナの花の上唇
トウバナ班紋のある花
トウバナ班紋のある花
トウバナの種子
トウバナの茎
トウバナ
トウバナ葉
トウバナ萼
 和名の由来は花穂が塔のようになっていることから。
 茎は細く、基部は匍匐枝を出して這い、茎を束生し、斜上する。茎には下向きの短毛がある。葉は対生し、葉柄は長さ3~18㎜。基部の葉の葉身は長さ約10㎜、幅8~9㎜の卵形~広卵形~円状卵形、無毛、基部は円形、先は鈍形、少数の低い円鋸歯がある。中部以下の茎葉の葉身は卵形、長さ1.2~3.4㎝、幅1~2.4㎝、紙質、ほぼ無毛、葉裏の脈上にわずかに剛毛があり、基部は円形~楔形、先は鈍形、縁は少数の鋸歯~円鋸歯。上部の茎葉は卵状披針形、縁は鋸歯状、先は鋭形。葉の裏に腺点はない。 輪散花序は数個、茎頂の総状花序に疎~密に唇形花をつける。花序の中の葉は卵状披針形、鋸歯縁、鋭頭。苞は針状、小花柄よりかなり短い。小花柄は長さ1~3㎜。萼は筒形、基部は丸く、花時長さ約3㎜、果時に下向きになり、約5㎜、微軟毛があるかほぼ無毛、脈上にわずかに剛毛があり、のど部に細かい長毛がわずかにある。萼歯は縁毛があり、下部の2個は錐状、上側の3個は三角形、果時には後屈する。花冠は白色~紅紫色、まれに紅紫色の班紋があり、長さ約4.5㎜、微軟毛がある。上唇は浅く2裂、下唇は3裂し、上唇の長さが下唇より短い。果実は分離果、4分果。分果は卵形、平滑。
 イヌトウバナ Clinopodium micranthum は山地の木陰に生え、全体にやや大きく、花が白色で、淡紅紫色の班紋があり、萼に長い白色軟毛が多い。また、葉がやや長く、葉裏に腺点がある。
 ヤマトウバナClinopodium multicaule は短い花序が茎頂に1個だけつき、花が白色、葉裏の腺点がまばら。萼は毛が短く、萼の内側が無毛、苞と同長、花冠と同長、小花柄の3倍の長さ。
[花期] 5~9月
[高さ] 10~30㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端、空地、田の畔
[分布] 在来種  本州、四国、九州、沖縄、中国、台湾、インド、タイ、ラオス、マレーシア、ミュアンマー、ベトナム、インドネシア
[撮影] 幡豆町  13.5.6

 トウバナ属

  family Lamiaceae - genus Clinopodium

 多年草。葉は縁に歯があり、茎上部では小さく、苞状になる。輪散花序は±頭状、円錐花序につく。花序柄がときにある、苞は線形~針状、長さは咢の長さまで。咢は筒形、13脈があり、ときに中間でくびれ、基部が片側で膨れ、真っすぐ又はわずかに曲がり、のど部にまばらに毛がある。拡大部は2唇形。咢の上唇は3歯があり、歯に縁毛があり、先は微突形。咢の下唇は長く、2歯がある。花冠は紫赤色、帯赤色、又は白色、2唇形。花冠筒部は突き出し、上部でのど部まで広がり、2列の毛があり、微軟毛がある。上唇は真っすぐ、先は凹形。下唇は3裂し、側裂片は全縁。中裂片は大きく、凹形又は全縁。雄しべは4本、前側の2本は後ろ側の2本より長く、花冠の上唇に届き、突き出さず又はわずかに突き出る。後ろ側の雄しべはときに未発達。葯室は2個、開出し、広がった葯隔の上に±斜めにつく。花柱の先は不等長に2裂し、前側の裂片は披針形、後ろ側の裂片は不明瞭。子房は無毛。小堅果は卵形又は類球形、直径1㎜未満、無毛、へそ(areolae)は小さく、基部にある。
 世界に約20種あり、アジア、ヨーロッパに分布する。


 トウバナ属の主な種

 1  Clinopodium brownei (Sw.) Kuntze
 北アメリカ、中央アメリカ、南アメリカ、西インド諸島原産。英名はBrowne's savory

 2  Clinopodium carolinianum Mill.
 北アメリカ(USA)原産。英名はGeorgia calamint
品種) 'Cleburne'

 3  Clinopodium chinense (Benth.) Kuntze
 日本、中国、台湾原産。中国名は风轮菜 feng lun cai
3-1 Clinopodium chinense (Benth.) Kuntze subsp. chinense  オキナワクルマバナ
3-2 Clinopodium chinense (Benth.) Kuntze subsp. glabrescens (Nakai) H.Hara  ヤマクルマバナ 山車花
   synonym Clinopodium umbrosum (M.Bieb.) K.Koch var. shibetchense (H.Lev.) McKean 
   synonym Clinopodium kunashirense Probat.
   synonym Clinopodium japonicum Makino 
   synonym Clinopodium chinense (Benth.) Kuntze var. shibetchense (H.Lev.) Koidz.
   synonym Clinopodium chinense (Benth.) Kuntze var. glabrescens (Nakai) Ohwi
   synonym Calamintha chinensis Benth.
 日本(北海道、本州、四国、九州)、朝鮮原産。別名はエゾクルマバナ、アオクルマバナ、アオミヤマトウバナ、オオミヤマトウバナ。
 多年草。高さ20~80㎝。茎は倒れぎみに斜上し、全体に軟弱で毛が多い。葉は対生し、短い柄があり、長さ3~7㎝、幅1~3㎝の卵形~長卵形、鋸歯があり、基部は円形。葉の両面にまばらに白毛があり、葉裏の腺点は目立たない。数段の仮輪に密集して多数、花がつく。花は白色~淡紅紫色を帯び、唇形、長さ6~8㎜。上唇は小さく、浅い切れ込みが入り、下唇は大きく、3裂する。萼は緑色、開出する長剛毛があり、ときに腺毛がある。萼歯は5個、上側の3個は小さく、下側の2個は細く尖る。苞葉は線形、開出する長剛毛がある。果実は4分果。2n=38。6~8月。

 4  Clinopodium coccineum (Nutt. ex Hook.) Kuntze
   synonym Calamintha coccinea (Nutt. ex Hook.) Benth.
 北アメリカ(USA)原産。英名はscarlet calamint , scarlet wild basil , red savory , red mint shrub , scarlet balm , southern calamint , red basil。
品種) 'Amber Blush'

 5  Clinopodium coreanum (H.Lev.) H.Hara
5-1 Clinopodium coreanum (H.Lev.) H.Hara subsp. coreanum  クルマバナ 車花
   synonym Clinopodium chinense (Benth.) Kuntze subsp. grandiflorum (Maxim.) H.Hara
   synonym Clinopodium urticifolium (Hance) C.Y.Wu et Hsuan
   synonym Clinopodium chinense (Benth.) Kuntze var. grandiflorum (Maxim.) H.Hara
   synonym Clinopodium chinense (Benth.) Kuntze subsp. grandiflorum (Maxim.) H.Hara var. urticifolium (Hance) Koidz. 
   synonym Clinopodium chinense (Benth.) Kuntze subsp. grandiflorum (Maxim.) H.Hara var. parviflorum (Kudo) H.Hara
 日本(北海道、本州、四国、九州)、千島、朝鮮原産。
 多年草。高さ20~80㎝。茎の断面は四角形、下向きの毛がある。茎や葉に毛があるが、毛の量には変化がある。葉は対生し、短い柄があり、長さ2~4㎝の長卵形、鋸歯があり、基部は円形。葉表に光沢があることもあり、葉脈が深く、両面に白毛があり、葉裏の腺点は目立たない。数段の仮輪に密集して多数、花がつく。花は唇形、長さ8~10㎜。上唇は小さく、浅い切れ込みが入り、下唇は大きく3裂する。萼は長さ6~8㎜、腺毛はなく、開出する長剛毛があり、紅紫色を帯びることが多い。萼歯は5個、下側の2個は細く尖る。苞葉は線形、開出する長剛毛がある。果実は4分果。2n=38。花期は8~9月。

5-1-1 Clinopodium chinense (Benth.) Kuntze subsp. grandiflorum (Maxim.) H.Hara f. albiflorum H.Hara  シロバナクルマバナ 異分類
5-2 Clinopodium coreanum (H.Lev.) H.Hara subsp. stoloniferum Yonek.  オオクルマバナ
Clinopodium chinense (Benth.) Kuntze subsp. grandiflorum (Maxim.) H.Hara var. parviflorum (Kudo) H.Hara f. setilobum H.Hara, pro parte excl. typo  オオクルマバナ synonym

 6  Clinopodium gracile (Benth.) Kuntze  トウバナ 塔花
   synonym Clinopodium confine (Hance) Kuntze 
 日本(本州、四国、九州、沖縄)、中国、台湾、インド、タイ、ラオス、マレーシア、ミュアンマー、ベトナム、インドネシア原産。中国名は细风轮踩 xi feng lun cai
 多年草。高さ10~30㎝。茎は細く、基部は匍匐枝を出して這い、茎を束生し、斜上する。茎には下向きの短毛がある。葉は対生し、葉柄は長さ3~18㎜。基部の葉の葉身は長さ約10㎜、幅8~9㎜の卵形~広卵形~円状卵形、無毛、基部は円形、先は鈍形、少数の低い円鋸歯がある。中部以下の茎葉の葉身は卵形、長さ1.2~3.4㎝、幅1~2.4㎝、紙質、ほぼ無毛、葉裏の脈上にわずかに剛毛があり、基部は円形~楔形、先は鈍形、縁は少数の鋸歯~円鋸歯。上部の茎葉は卵状披針形、縁は鋸歯状、先は鋭形。葉の裏に腺点はない。 輪散花序は数個、茎頂の総状花序に疎~密に唇形花をつける。花序の中の葉は卵状披針形、鋸歯縁、鋭頭。苞は針状、小花柄よりかなり短い。小花柄は長さ1~3㎜。萼は筒形、基部は丸く、花時長さ約3㎜、果時に下向きになり、約5㎜、微軟毛があるかほぼ無毛、脈上にわずかに剛毛があり、のど部に細かい長毛がわずかにある。萼歯は縁毛があり、下部の2個は錐状、上側の3個は三角形、果時には後屈する。花冠は白色~紅紫色、まれに紅紫色の班紋があり、長さ約4.5㎜、微軟毛がある。上唇は浅く2裂、下唇は3裂し、上唇の長さが下唇より短い。果実は分離果、4分果。分果は卵形、平滑。花期は5~9月。
品種) 'Crispatum'  ジャカゴトウバナ
  茎は直立して殆んど分枝せず、高さ3-5㎝。葉は長さ5~7㎜×幅5~6㎜、細かいしわ状(crisp)、茎全体 をしわ状の丸味のある葉が密に重なって包み、サギゴケの園芸品のジャ カゴソウと同じ形である。

 7  Clinopodium grandiflorum (L.) Kuntze
   synonym Calamintha grandiflora (L.) Moench
 ヨーロッパ、西アジア、コーカサス原産。英名はgreater calamint , large-flower calamint , mint-savory , showy calamint , showy-savory
品種) 'Variegata'

 8  Clinopodium laxiflorum (Hayata) K.Mori  ニイタカトウバナ
   synonym Clinopodium laxiflorum (Hayata) K.Mori var. parvifolium T.Shimizu
   synonym Calamintha laxiflora Hayata
 台湾原産。中国名は疏花风轮菜 shu hua feng lun cai 。
8-1 Clinopodium laxiflorum (Hayata) K.Mori var. taiwanianum T.H.Hsieh et T.C.Huang  ツギタカトウバナ

 9  Clinopodium macranthum (Makino) H.Hara  ミヤマクルマバナ 深山車花
   synonym Clinopodium chinense (Benth.) Kuntze var. macranthum Makino
 日本固有種(本州の中部地方以北の日本海側)。低山~亜高山の砂礫地や草地に生える。
 多年草。高さ10~40㎝。茎は直立~斜上し、4稜形、稜と節に下向きの毛がある。葉は対生し、長さ3~5㎝×幅2~3.5㎝の卵状円形~卵形、基部は円形~わずかに心形、縁には鋭い鋸歯があり、縁毛が目立ち、先は鋭形~鈍形、両面にまばらに軟毛があり、下面の腺点は目立たず、側脈が葉縁に沿って曲がり、中軸に対して鋭角になり、深くて目立つのが特徴。輪散花序の仮輪は数段につき、仮輪の間が離れる。萼は2唇形、赤色を帯び、萼歯は5個、上側の咢歯の先も尖鋭形、開出毛が密生し腺毛が混じる。花は色が鮮やかで、クルマバナより唇形の花冠が大きく、長さ15~20㎜。花冠の筒部の内面に濃色の斑点がある。小堅果(分果)はやや扁平なほぼ球形、長さ約1㎜。花期は8~9月。

 10  Clinopodium menthifolium (Host) Stace
10-1 Clinopodium menthifolium (Host) Stace subsp. ascendens (Jord.) Govaerts   コモンカラミント
   synonym Clinopodium ascendens (Jord.) Samp.
   synonym Calamintha ascendens Jord.
 ヨーロッパ(イタリア、フランス、ポルトガル、スペイン、イギリス)、西アジア(イラン、トルコ)、北アフリカ(モロッコ)原産。英名はcommon calamint , ascending wild basil

 11  Clinopodium mexicanum (Benth.) Govaerts
 メキシコ原産。英名は orange-flowered Mexican savory
品種) Pink Sensation

 12  Clinopodium micranthum (Regel) H.Hara  イヌトウバナ [広義]
 日本、朝鮮、ロシア原産。

12-1 Clinopodium micranthum (Regel) H.Hara var. micranthum イヌトウバナ 犬塔花
 日本(北海道、本州、四国、九州)、朝鮮原産。
 多年草。高さ20~60㎝。茎は下部は這い、上部は直立あるいは斜上し、中部以上でよく分枝する。葉は長さ2~3㎝、長柄があり、先はほとんど尖らず、葉裏の腺点が密なことが多い。葉柄は長さ0.5~2㎝。上部の枝の葉は小さい。花序は長く、枝先にもつく。萼は長さ4~5㎜、脈上に長い白色軟毛が生え、腺点が多い。咢歯は2唇形、上側が3歯、歯先が鋭形~鈍形、下側が2歯、歯先が長く尖鋭形。花冠は長さ5~7㎜で、上唇は小さく2裂し、下唇は大きく、3裂し、淡紅紫色の班紋がある。果実は4分果。2n=18。花期は8~10月。
12-2 Clinopodium micranthum (Regel) H.Hara f. albiflorum (Honda) Honda  シロバナイヌトウバナ
12-3 Clinopodium micranthum (Regel) H.Hara var. fauriei (H.Lev. et Vaniot) H.Hara  アラゲトウバナ

12-4 Clinopodium micranthum (Regel) H.Hara var. sachalinense (F.Schmidt) T.Yamaz. et Murata  ミヤマトウバナ
   synonym Clinopodium gracile (Benth.) Kuntze var. sachalinense (F.Schmidt) Ohwi 
   synonym Clinopodium sachalinense (F.Schmidt) Koidz. 
   synonym Clinopodium multicaule (Maxim.) Kuntze var. sachalinense (F.Schmidt) Ohwi 
 北海道、本州の鳥取県以北、千島列島、サハリン原産。
 葉の下面の腺点が目立たない。

 13  Clinopodium multicaule (Maxim.) Kuntze  ヤマトウバナ 山塔花
   synonym Clinopodium multicaule (Maxim.) Kuntze var. taquetii (H.Lev. et Vaniot) H.Hara
   synonym Clinopodium gracile (Benth.) Kuntze var. multicaule (Maxim.) Ohwi 
 日本(本州の中部地方以西、四国、九州、沖縄
 多年草。高さ10~25㎝。茎は単生又は束生する。葉は対生し、長さ2~5㎝の卵形~長卵形、先はやや尖り、縁に粗い鋸歯がある。葉柄の長さは6~15㎜。葉の裏面の腺点はまばら。茎頂部に1~2㎝の短い花序1個だけをつける。花は白い唇花で、花冠は長さ7~9㎜。花柄は長さ2~3㎜。萼は長さ5~6㎜、脈上に短毛があり、長毛はあってもわずかで、腺点がほとんどなく(まばらにある)、萼歯の内側に毛がある。花期は6~10月(沖縄1月)。

13-1 Clinopodium multicaule (Maxim.) Kuntze var. latifolium H.Hara  ヒロハヤマトウバナ
   synonym Clinopodium latifolium (H.Hara) T.Yamaz. et Murata 
   synonym Clinopodium gracile (Benth.) Kuntze var. latifolium (H.Hara) Ohwi
13-2 Clinopodium multicaule (Maxim.) Kuntze var. yakusimense (Masam.) Yahara  ヤクシマトウバナ
   synonym Clinopodium minimum H.Hara 
   synonym Clinopodium micranthum (Regel) H.Hara var. yakusimense (Masam.) H.Hara
   synonym Clinopodium gracile (Benth.) Kuntze var. minimum (H.Hara) Ohwi 
   synonym Clinopodium yakusimense (Masam.) H.Hara 
   synonym Clinopodium multicaule Maxim.) Kuntze var. minimum (H.Hara) Ohwi

 14  Clinopodium nepeta (L.) Kuntze  カラミント
   synonym Clinopodium calamintha (L.) Kuntze 
   synonym Clinopodium nepetoides (Jord.) Melnikov 
   synonym Calamintha nepeta (L.) Savi
 ヨーロッパ、西アジア、コーカサス、北アフリカ原産。英名はlesser calamint ,calamint 。ミントに似た香りがし、ハーブとして使われる。丈夫で育てやすく、道端に逸出したものが見られる。
 多年草。高さ30~60㎝。茎は基部でよく分枝して直立し、4稜形、下向きの屈毛がある。葉は対生し、長さ1.8~3㎝の卵形、有毛、縁に鋸歯がある。葉裏には腺点が密にあり、もむと強い香りがする。花は多数つき、白色~淡紅色。花冠の下唇内面に紅紫色の斑点がある。萼は先が5裂し、下側の2裂片は細長くて鋭く、縁毛が目立つ。果実は4分果。花期は7~10月。

【参考7の解説】
 多年草、高さ20~40(~60) ㎝。茎は短い直軟毛(short pilose)~小剛毛があり、( Oaxacaでは花枝の先に短い腺毛~有頭の毛がある)。葉は葉柄が長さ5.2~11(~39)㎜、短い直軟毛がある(Oaxacaでは短い腺の頭がある) 。葉身は卵形、三角形、卵状菱形、楕円状披針形~卵状楕円形、長さ1.4~3.2(~5.1)㎝ ×幅0.8~1.6(~ 3.7)㎝、芳香があり、先は鋭形、ときに円形、基部は楔形~漸尖形、縁は上半分又は基部からほとんど歯状~鋸歯状 、歯は普通、不明瞭、両面とも無毛又はまばらに小剛毛があり、琥珀色の腺点で覆われる。花序は枝の上部に腋生する密散花序になり、各集散花序に花が4~6個つき、葉は花枝の先に向かって次第に小さくなる。花序柄は長さ(0.5~)1.3~1.9㎜ ( Oaxacaでは長さ1.2~1.9㎝),。花の苞(floral bracts)は線形、外側の苞は長さ(2.1~)3.2~5.6㎜。内側の苞は(0.5~)1.3~2.4㎜。花柄は長さ1.8~2(~4.2)㎜、果時に5.7㎜以下になり、短い直軟毛と琥珀色の腺点がある( Oaxacaでは腺が頭状)。は筒形、真っすぐ、2唇形、咢筒は長さ(4~)5~6㎜×幅1.9~2.1(~3)㎜、かすかに花後大きくなり、外側に短い直軟毛と琥珀色の腺点があり、 歯のつく下が毛の輪で覆われる。上唇は長さ(2~)2.5~3.6㎜、その長さの半分又はそれ以上結合した3.個の三角形の歯からなる。下唇は長さ2.3~3.4(~4)㎜、2個の細い歯からなる。両唇は縁に縁毛があるが、下唇の毛が長い。花冠はライラック色~淡ピンク色、下唇ののど部に向かって暗色の不規則な斑点をもち、外側は直軟毛があり、内側は無毛、しかし、のど部にまばらに直軟毛がある。花冠筒部は基部の1/3又は1/2で狭く、のど部までで急に広くなり、長さ (7~)12.9~15.3㎜×幅(2.8~)4.8~7.8 ㎜ (幅はのど部の計測)、外側は短い直軟毛があり、内側は狭い部分に短い直軟毛がある。上唇は長さ(2.2~)4.8~5.6㎜、短い直軟毛がある。下唇は長さ (4~)5.9~8.2㎜×幅5~7㎜、3.裂し、中裂片は割れ目があり、下部に短い直軟毛がある。雄しべはSan Luis Potosi,では2本、花糸は長さ9.8~11㎜、無毛。半葯は長さ0.8~1㎜。仮雄しべの対が有又は無、雄しべの 後ろにつき、花糸は長さ0.8~1㎜。Oaxacaでは雄しべは4本、前側の雄しべの花糸は長さ1.4~3(~4.2)㎜。後ろ側の花糸は長さ (1.9~)4~4.5㎜、両方とも無毛。半葯は長さ0.3~0.5㎜。両者とも雄しべは突き出さず、半葯のセットは葯隔がわずかに大きくなることにより離れる。花柱は長さ17.7~18.6㎜ ( Oaxacaでは長さ9.7~10.6㎜)、無毛。柱頭の上部の枝は下側の枝より、短く、細い。分果は卵形、長さ0.9~1.1㎜×幅0.7~0.8㎜、淡褐色~金色、無毛で平滑(San Luis Potosiの集団では見られない) 。
品種) 'Alba' , 'August Clouds' , 'Blue Cloud' , 'Gottlieb Friedkund' , 'Marvelette Blue' , 'Marvelette White' , 'Montrose White' , 'White Cloud'

 15  Clinopodium polycephalum (Vaniot) C.Y.Wu et Hsuan ex P.S.Hsu   タイワンミヤマトウバナ
   synonym Calamintha polycephala Vaniot
 中国原産。中国名は灯笼草 deng long cao

 16  Clinopodium umbrosum (M.Bieb.) K.Koch
   synonym Calamintha umbrosa (M. Bieb.) Fisch. & C.A. Mey.
 トルコ、イラン、コーカサス、ヒマラヤ西部~東部、アッサム、チベット、パキスタン、バングラデシュ、ミャンマー原産。英名はshady calamint , transvaal caldelabra tree

 17  その他ハイブリッド
品種) 'Amber Blush' , 'Fritz Kuhn'


 参考

1) Flora of China
 Clinopodium
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=107356
2)Plants of the World Online | Kew Science
 Loxocalyx
 http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:20983-1
3)GRIN
 Clinopodium
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=2702
4) 植物研究雑誌 第49巻 第9号 昭和49年9月 p264
 ジャカゴトウパナ
 http://www.jjbotany.com/pdf/JJB_049_264_264.pdf
5)植物研究雑誌 Journal of Japanese Botany Vol. 67 No.4 p24
 ヤマトウパナ琉球に分布(山崎敬)
 http://www.jjbotany.com/pdf/JJB_067_243_243.pdf
6) Clinopodium umbrosum - Shady Calamint - Flowers of India
 Shady Calamint
 http://www.flowersofindia.net/catalog/slides/Shady%20Calamint.html
7)(PDF) Discovery of naturalized Clinopodium nepeta ...
 Discovery of naturalized Clinopodium nepeta (Lamiaceae) in Oaxaca and San Luis Potosi, Mexico
 https://www.researchgate.net/publication/318277736_Discovery_of_naturalized
  _Clinopodium_nepeta_Lamiaceae_in_Oaxaca_and_San_Luis_Potosi_Mexico

TOP Back