トウバナ  塔花
[中国名] 细风轮踩 xi feng lun cai
[学名] Clinopodium gracile (Benth.) O. Kuntze.
シソ科 Lamiaceae (Labiatae)  トウバナ属
三河の植物観察
トウバナの花序
トウバナの花
トウバナの花の上唇
トウバナ班紋のある花
トウバナ班紋のある花
トウバナの種子
トウバナの茎
トウバナ
トウバナ葉
トウバナ萼
 和名の由来は花穂が塔のようになっていることから。
 茎は細く、基部は匍匐枝を出して這い、茎を束生し、斜上する。茎には下向きの短毛がある。葉は対生し、葉柄は長さ3~18㎜。基部の葉の葉身は長さ約10㎜、幅8~9㎜の卵形~広卵形~円状卵形、無毛、基部は円形、先は鈍形、少数の低い円鋸歯がある。中部以下の茎葉の葉身は卵形、長さ1.2~3.4㎝、幅1~2.4㎝、紙質、ほぼ無毛、葉裏の脈上にわずかに剛毛があり、基部は円形~楔形、先は鈍形、縁は少数の鋸歯~円鋸歯。上部の茎葉は卵状披針形、縁は鋸歯状、先は鋭形。葉の裏に腺点はない。 輪散花序は数個、茎頂の総状花序に疎~密に唇形花をつける。花序の中の葉は卵状披針形、鋸歯縁、鋭頭。苞は針状、小花柄よりかなり短い。小花柄は長さ1~3㎜。萼は筒形、基部は丸く、花時長さ約3㎜、果時に下向きになり、約5㎜、微軟毛があるかほぼ無毛、脈上にわずかに剛毛があり、のど部に細かい長毛がわずかにある。萼歯は縁毛があり、下部の2個は錐状、上側の3個は三角形、果時には後屈する。花冠は白色~紅紫色、まれに紅紫色の班紋があり、長さ約4.5㎜、微軟毛がある。上唇は浅く2裂、下唇は3裂し、上唇の長さが下唇より短い。果実は分離果、4分果。分果は卵形、平滑。
 イヌトウバナ Clinopodium micranthum は山地の木陰に生え、全体にやや大きく、花が白色で、淡紅紫色の班紋があり、萼に長い白色軟毛が多い。また、葉がやや長く、葉裏に腺点がある。
 ヤマトウバナClinopodium multicaule は短い花序が茎頂に1個だけつき、花が白色、葉裏の腺点がまばら。萼は毛が短く、萼の内側が無毛、苞と同長、花冠と同長、小花柄の3倍の長さ。
[花期] 5~9月
[草丈] 10~30㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端、空地、田の畔
[分布] 在来種  本州、四国、九州、沖縄、中国、台湾、インド、タイ、ラオス、マレーシア、ミュアンマー、ベトナム、インドネシア
[撮影] 幡豆町  13.5.6
TOP Back