ヤマトウバナ  山塔花
[学名] Clinopodium multicaule (Maxim.) O. Kuntze.
シソ科 Lamiaceae (Labiatae)  トウバナ属
三河の植物観察
ヤマトウバナの花序
ヤマトウバナの花
ヤマトウバナの萼2
ヤマトウバナの萼
ヤマトウバナ
ヤマトウバナの葉
 茎は単生又は束生する。葉は対生し、長さ2~5㎝の卵形~長卵形、先はやや尖り、縁に粗い鋸歯がある。葉柄の長さは6~15㎜。葉の裏面の腺点はまばら。茎頂部に1~2㎝の短い花序1個だけをつける。花は白い唇花で、花冠は長さ7~9㎜。花柄は長さ2~3㎜。萼は長さ5~6㎜、脈上に短毛があり、長毛はあってもわずかで、腺点がほとんどなく、萼歯の内側に毛がある。
 イヌトウバナは花序が長く、花序が枝先にもつき、萼に長い白色軟毛があり、腺点が多い。
 トウバナは全体に小さく日当たりのよい畦などに生え、花冠が淡紅紫色であり、葉裏に腺点がなく、萼の毛が短い。
[花期] 6~10月
[草丈] 10~25㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の木陰
[分布] 在来種 本州(中部地方以西)、四国、九州
[撮影] 面ノ木原生林  03.7.5
TOP Back