イヌトウバナ  犬塔花
[学名] Clinopodium micranthum (Regel) Hara
シソ科 Lamiaceae (Labiatae)  トウバナ属
三河の植物観察
イヌトウバナの花序
イヌトウバナの花
イヌトウバナの花
イヌトウバナ果実
イヌトウバナ葉裏の腺点
イヌトウバナの茎
イヌトウバナ
イヌトウバナ花と萼
イヌトウバナ分果
イヌトウバナ葉表
イヌトウバナ葉裏
 茎は下部は這い、上部は直立あるいは斜上し、中部以上でよく分枝する。葉は長さ2~3㎝、長柄があり、先はほとんど尖らず、葉裏の腺点が密なことが多い。葉柄は長さ0.5~2㎝。上部の枝の葉は小さい。花序は長く、枝先にもつく。花冠は長さ5~7㎜で、上唇は小さく2裂し、下唇は大きく、3裂し、淡紅紫色の班紋がある。萼は長さ4~5㎜、脈上に長い白色軟毛が生え、腺点が多い。果実は4分果。2n=18
 ヤマトウバナは短い花序が茎頂に1個だけつき、花が白色、葉裏の腺点がまばらで、萼の毛が短い。
 トウバナは全体に小さく日当たりのよい畦などに生え、花冠が淡紅紫色であり、葉裏に腺点がなく、萼の毛が短い。
[花期] 8~10月
[草丈] 20~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の木陰
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮
[撮影] 設楽町   07.9.8
TOP Back