カラミント  
[英名] lesser calamint
[学名] Calamintha nepeta (L.) Savi
シソ科 Lamiaceae (Labiatae)   カラミント属
三河の植物観察
カラミントの花
カラミントの花横
カラミントの花下
カラミントの萼
カラミントの茎
カラミント
カラミント葉表
カラミント葉裏
カラミント葉裏の腺点
 ミントに似た香りがし、ハーブとして使われる。丈夫で育てやすく、道端に逸出したものが見られる。
 茎は基部でよく分枝して直立し、4稜形、下向きの屈毛がある。葉は対生し、長さ1.8~3㎝の卵形、有毛、縁に鋸歯がある。葉裏には腺点が密にあり、もむと強い香りがする。花は多数つき、白色~淡紅色。花冠の下唇内面に紅紫色の斑点がある。萼は先が5裂し、下側の2裂片は細長くて鋭く、縁毛が目立つ。果実は4分果。
[花期] 7~10月
[草丈] 30~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] やや湿った場所~やや乾いた場所
[分布] 在来種  地中海沿岸、イギリス原産
[撮影] 蒲郡市 12.7.25
TOP Back