テンツキ  点突
[中国名] 两歧飘拂草 liang qi piao fu cao
[英名] forked fimbry, common fringe-rush
[学名] Fimbristylis dichotoma (L.) Vahl.
Fimbristylis dichotoma (L.) Vahl. subsp. dichotoma
Fimbristylis dichotoma (L.) Vahl var. tentsuki T.Koyama
カヤツリグサ科 Cyperaceae  テンツキ属
三河の植物観察
テンツキの果穂
テンツキの小穂
テンツキの小穂
テンツキの花柱の縁毛
テンツキ果実と鱗片
テンツキ
テンツキ果実
テンツキ褐色になった果実
 和名の由来は小穂が上向きで、天を突く意味からとする説と、小穂で点をつける点つきという説がある。
 叢生し、基部は太くなり、バルブ状にはならない。根茎はなく、全体に白色短毛が多いが、少ないものもある。茎は丈夫で、高さ(5)20~50(100)㎝、無毛~わずかに短毛がある。葉はほぼ2列性、茎よりやや短く~長い(普通、茎の長さの1/2程度)。葉鞘は革状、幅広、膜質、縁は淡褐色、表面はほぼ無毛、先はほぼ切形、縁毛がある。葉舌は短毛の線が入る。葉身は狭い線形~線形、幅(1.5)2~3(4)㎜、扁平~広い内巻き、ざらざらした微縁毛があり、先は鋭形~鈍形、背面は平滑~微細剛毛で覆われる。苞葉は3~4個つき、葉状、最も下側の1~2個が普通、花序より長い。花序は短毛がある~無毛、複合~単一のイグサ形花序、長さ5~9㎝、幅3~6㎝、開いて疎~小さく密集。花茎は細く、幅約1㎜、先ではわずかに扁平になる。小穂は単生、卵形~楕円形~長楕円形、長さ4~8(14)㎜、幅約2.5㎜、角はなく、淡鳶色~栗褐色、多数の花がつく。鱗片は褐色、卵形~楕円状卵形~長楕円形、雌鱗片の長さ2.2~4.2㎜、光沢があり、3~5脈があり、中肋は緑色で竜骨状(主軸突出形)、先は小突起となる。雄しべは1~2個、花糸は短い。痩果(小堅果 )は長さ0.6~1.3㎜、広倒卵形~円形~倒三角形、断面はレンズ形、両面に各々(5)10~12本の縦肋があり、横に楕円状の窪みがあって細かい網目状、白色~帯褐色、熟してから古くなると次第に栗褐色になる。花柱は長く、扁平、基部が太く、上部に長縁毛があり、鱗片から少し突き出す。柱頭は2分岐し、下半部は並行して、白毛がある。痩果から花柱はとれやすい。2n= 20, 30。
 多くの変種や品種に分類されている。ツクシテンツキ subsp. podocarpa 、オテンツキ var. tikushiensis、クグテンツキ var. diphylla などがある。
 以下に同属の水田の畔に見られるものをあげる。
 ヒデリコは小穂が小さな卵円形で水田にきわめて多い。
 ヒメヒラテンツキは全体に無毛で柔らかく、花茎が扁平、水田に多い。
 クロテンツキは全体に無毛、鱗片の中肋が竜骨状にならず、花柱が扁平でなく、柱頭にしか毛がない。また、葉身のない鞘状葉がある。
 アゼテンツキやメアゼテンツキは全体に小型で、花柱の基部に長毛があり、アゼテンツキは鱗片の先に長い芒があり反曲する。
 コアゼテンツキはさらに小型で、花柱基部の長毛がない。
 オオアゼテンツキは最近、分布の拡大が明らかになってきたものであり、湿地などで確認されている。テンツキによく似ていて、鱗片が赤褐色であり、葉鞘の基部に白毛が多い。
[果期] 7~10月
[草丈] (5)20~50(100)㎝
[生活型] 1年草又は短年の多年草
[生育場所] 田の畔、やや湿った草地
[分布] 在来種  日本全土、世界に広く分布
[撮影] 豊田市 07.8.27
TOP Back