メアゼテンツキ  雌畔点突
[中国名] 短尖飘拂草 duan jian piao fu cao
[学名] Fimbristylis velata R. Br.
Fimbristylis squarrosa Vahl var. esquarrosa Makino
カヤツリグサ科 Cyperaceae  テンツキ属
三河の植物観察
メアゼテンツキ花序の一部
メアゼテンツキ小穂
メアゼテンツキ茎
メアゼテンツキ根元
メアゼテンツキ
メアゼテンツキ小穂
メアゼテンツキ鱗片、果実
 テンツキよりかなり小型で、小穂が細長い。和名はアゼテンツキに似て鱗片の芒が外に曲がらず、小穂がとげとげしくないことによる。
 葉は幅約0.5㎜の糸状で、茎よりかなり短く、根元に集まる。茎の先に葉状の苞を3~5個出し、その間に花序をつける。花序は2回分岐し、枝の先端に小穂を1個ずつつける。小穂は長さ4~5㎜、幅1~1.5㎜の披針形。果実は長さ約0.7㎜の倒卵形。柱基は上部につぶれた卵形状で柱基全体に長毛があり、花柱にもまばらに毛がある。鱗片は長楕円形で、中肋の先端は短い芒になり、反曲しない。ただし、小穂の下部の芒は熟すと反曲することもある。
 類似のアゼテンツキは小穂の鱗片の先が長い芒になってそり返り、柱基の長毛は基部のみにある。
 コアゼテンツキは柱基に毛が生えない。
 ヒデリコは茎が扁平な四稜形、葉が左右から内側に折りたたまれ、上部でくっついた剣形。小穂の色が褐色で濃く、小穂が球形に近い卵円形。果実は表面に突起がある。
 ヒメヒラテンツキは茎や花序枝が扁平。小穂が披針形で稜角がある。
 クロテンツキは小穂が暗褐色、花柱が短く、柱基が無毛。
[花期] 8~10月
[草丈] 10~25㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 水田、湿地、草地
[分布] 在来種  日本全土、朝鮮、中国、台湾、インドネシア、ラオス、フィリピン、タイ、ベトナム、オーストラリア、ニュジーランド
[撮影] 豊橋市  11.9.30
TOP Back