タネツケバナ  種漬花
[英名] woodland bittercress, bittercress
[中国名]

弯曲碎米荠 wan qu sui mi ji

[学名] Cardamine flexuosa With.
アブラナ科 Brassicaceae (Crucifera)  タネツケバナ属
三河の植物観察
タネツケバナの花
タネツケバナの花横
タネツケバナの果実
タネツケバナの果実の中拡大
タネツケバナの種子
タネツケバナの種子拡大
タネツケバナ
タネツケバナ葉表
タネツケバナ葉裏
タネツケバナ果実の中
 和名の由来はイネの種もみを水に漬け、苗代の準備をする頃に咲くことから。一見ナズナに似ているが、果実が細長い。学名はCardamine scutata Thunb.ともされるが、これはオオバタネツケバナの学名とする見解もあり、混同されている。
 根茎はない。茎は上向きに又は傾伏して直立し、ときに分枝し、茎の下部は紫色を帯びる。根生葉は花期にはなく、長さ(2.7)4~14 (19) ㎝の羽状複葉。葉柄は長さ0.7~5㎝。頂小葉は側小葉よりやや大きく、側小葉は長楕円形、2~7対(普通4対以上)つく。小葉柄は長さ0.3~1.7㎝。葉柄や葉縁などに毛がある。茎葉は3~15個つき、葉柄を含めて長さ(2)3.5~5.5(7)㎝。花は総状花序に多数つく。萼片は4個、長さ1.5~2.5㎜、幅0.7~1㎜。花弁は白色、4個、長さ2.5~4(5) ㎜、幅1~1.7㎜。雄しべ6個まれに4個。雌しべ1個。長角果は長さ (0.8)1.2~2.8㎝、幅1~1.5㎜の細い円柱形、種子は両側に1列ずつ並び、両側で18~40個入り、熟すと下側から捲れ上がる。種子は扁平、熟すと淡褐色~褐色になり、長さ0.9~1.5㎜、幅 0.6~1㎜。2n=32
 よく似たヨーロッパ原産の帰化種であるコタネツケバナは小型で、無毛、種子にひれ(鰭)があるのが特徴。
 同じくヨーロッパ原産のミチタネツケバナは花期にも根生葉があり、果実が花のまわりに上向きに立ってとりまくようにつく。花の雄しべが普通4個。
 水流のある場所に生えるオオバタネツケバナは茎が直立せず、紫色を帯びず、無毛。また、側小葉が少なく、頂小葉が際立って大きい。オオバタネツケバナとタネツケバナとの中間的な形質をもつものをミズタネツケバナに分ける説もある。
 オランダガラシは水中に生え、若いときは側小葉が丸く、花期には卵形~惰円形になる。また、長角果の種子が2列。
[果期] 4~6月
[草丈] (6)10~50㎝
[生活型] 1・2年草
[生育場所] 田、溝、湿地
[分布] 在来種 日本全土 北半球全体
[撮影] 豊橋市 02.3.21
TOP Back