オオバタネツケバナ  大葉種漬花
[中国名]

圆齿碎米荠 yuan chi sui mi ji

[英名] Japanese bittercress
[学名] Cardamine regeliana Miq.
Cardamine scutata Thunb. var. longiloba P.Y.Fu
Cardamine scutata Thunb. subsp. regeliana (Miq.) H.Hara
アブラナ科 Brassicaceae (Crucifera)  タネツケバナ属
三河の植物観察
オオバタネツケバナ花序
オオバタネツケバナ花
オオバタネツケバナ花の雄しべ
オオバタネツケバナ上部の葉
オオバタネツケバナやや未熟な種子
オオバタネツケバナ乾いた種子
オオバタネツケバナ
オオバタネツケバナ果実のさや
オオバタネツケバナ果実
オオバタネツケバナ果実列
オオバタネツケバナ葉表
オオバタネツケバナ葉裏
 学名のCardamine scutata Thunb はオオバタネツケバナでなく、タネツケバナであるという見解があり、国内では一般的である。神奈川県植物誌ではCardamine scutata Thunb.をオオバタネツケバナの学名としている。U.S.D.Aやflora of Chinaも同様である。
 水流のある場所に生え、ほとんど紫色を帯びず、無毛(まばらに毛があるものもある。)。葉は奇数羽状複葉、頂小葉が長さ1~4㎝、側小葉より際立って大きく、側小葉は1~4対と少ない。下部の頂小葉は特に大きく丸い。花は白色の4弁花。雄しべ6個。長角果は長さ(0.9)1.5~2.8(3.5)㎝、幅 (0.8)1~1.4㎝、片面に1列ずつ入り、熟すと下側から裂開する。種子は長さ0.9~1.5㎜、幅 0.6~0.9㎜。2n=32
 水田の周りでよく見られるタネツケバナ Cardamine flexuosa は茎が紫色を帯び、頂小葉が側小葉よりやや大きい程度。
 コタネツケバナ Cardamine parviflora は全体に小型、無毛。種子に翼がある。
 マルバコンロンソウは有毛。
 オランダガラシは長角果の種子が2列。
[花期] 3~6月
[草丈] (15)20~40(50) ㎝
[生活型] 2年草
[生育場所] 山地の湿った場所、渓流沿いなど
[分布] 在来種 日本全土、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 幡豆町 11.4.26
TOP Back