ミチタネツケバナ  道種漬花
[英名] hairy bittercress, hairy shotweed
[中国名]

碎米荠 sui mi ji

[学名] Cardamine hirsuta L.
アブラナ科 Brassicaceae (Crucifera)  タネツケバナ属
三河の植物観察
ミチタネツケバナ花
ミチタネツケバナ花序
ミチタネツケバナ花
ミチタネツケバナさやのコイル
ミチタネツケバナ
ミチタネツケバナ根生葉
ミチタネツケバナ種子
 道端などやや乾燥した場所に生え、増加傾向にあり、非常に多い場所もある。茎は普通、直立し、下部には下向きの毛があるが、上部には毛がないのが普通。茎の上部には葉が少なく、下部に集まってつき、果期にも根生葉が残る。葉は長さ (1.5)2.5~10(13) ㎝、羽状深裂し、小葉は普通4~7対つき、広惰円形、頂小葉が最も大きい。葉柄は長さ0.5~5㎝、葉柄や葉裏に粗毛がある。花は白色の4弁花。花弁の長さ2.5~4.5(5)㎜、幅0.5~1.1㎜。雄しべは、普通4個まれに5~6個。花柱は長さ0.1~0.6(1)㎜。萼片は4個、長さ1.5~2.5㎜、幅 0.3~0.7㎜。果実は長さ(0.9)1.5~2.5(2.8)㎝、幅 (0.8)1~1.4㎜、花のまわりに上向きに立ってとりまくようにつく。よく熟すと鞘が紫色になり、パチンとはじけて種子をはね飛ばし、さやがコイル状になる。種子は1列に14~40個入り、長さ0.9~1.3(1.5)㎜、幅 0.6~0.9(1.1)㎜、淡黄緑色~淡黄褐色、扁平な惰円形。 2n=16
 タネツケバナは果期には根生葉がなく、小葉は細長い。雄しべが6個。果実が斜上し、揃わない。
[花期] 2~4月
[草丈] (3)10~35(45)㎝
[生活型] 越年草
[生育場所] 道端、荒地、芝生
[分布] 帰化種 ヨーロッパ、東アジア原産
[撮影] 昭和の森 04.4.3
TOP Back