コセンダングサ  小栴檀草
[中国名] 鬼针草 gui zhen cao
[英名] common beggar's tick , hairy beggarticks
[学名] Bidens pilosa L. var. pilosa
Bidens pilosa L.
キク科 Asteraceae (Compositae)  センダングサ属
三河の植物観察
コセンダングサの花
コセンダングサの花後
コセンダングサの果実
コセンダングサの果実の芒
コセンダングサの果実の毛
コセンダングサ
コセンダングサ葉
コセンダングサ果実
 熱帯アメリカ原産で太平洋地域、アジアを通じて広がり、世界中の温暖な地域に分布し、センダングサ属で最も多く、道端に普通にある雑草。中国では薬草として使用され、台湾などで食用とされている。
 茎は4(まれに6)稜があり、短毛がある。葉は上部で、互生、下部で対生し、両面に基部が膨らんだ毛があり、葉縁にも両面の2列に短毛がある。頭花は舌状花がなく、あっても痕跡である。花柄は長さ1~9cm。総苞の直径は7~8㎜。総苞外片は長さ4~5㎜、7~9(10)個つく。総苞内片は長さ4~7㎜。痩果は長さ4~16㎜の4稜のある細いこん棒状、黒色、扁平な場合もある。先端に長さ2~4㎜の黄色の芒(刺)が2~4個(まれに6個)つき、芒には下向きの小刺がある。芒が6個あるものは、2個の痩果が癒着している。芒が3個のものは真ん中の1個が短い場合も多い。日本では芒の数は3個が多いとされているが、この付近のものは2個が多い。また、痩果に上向きの小刺が多く、刺の基部が黄色~褐色に膨れるものがある。2n=24,36,48,72.
 白い舌状花があるのはコシロノセンダングサであり、コセンダングサとコシロノセンダングサの雑種と推定されているのがアイノコセンダングサである。これら3つを区別せず、まとめてBidens pilosa L. とする説もある。hairy beggarticks はこれを指す。
 アメリカセンダングサは総苞片が大きい。
 センダングサコバノセンダングサは舌状花が黄色。
[花期] 9~11月
[草丈] 30~180㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 荒地、道端に普通
[分布] 帰化種  北アメリカ、南アメリカ原産
[撮影] 三ヶ根山 01.10.7
TOP Back