センダングサ  栴壇草
[中国名] 金盏银盘 jin zhan yin pan
[学名] Bidens biternata (Lour) Merr. et Sherff
キク科 Asteraceae (Compositae)  センダングサ属
三河の植物観察
センダングサの5弁花
センダングサの4弁花
センダングサの総苞 rder=
センダングサ花後
センダングサ集合果
センダングサの茎 rder=
センダングサ果実の表面
センダングサ
センダングサの葉
センダングサの果実
センダングサ果実の芒
 アフリカ、アジア、オセアニアに広く分布し、古い時代の帰化種と考えられている。コセンダングサコシロノセンダングサはどこでも見られるが、センダングサはほとんど見られなくなってしまった。蒲郡市内の1箇所でも最近見られなくなった。幡豆町のこの場所の状態も劣悪で、かなり弱っていたが、草刈りの時期が変わり、2011年には少し増えている。
 茎は4稜形、細かい毛があり、緑色。葉は1~2回羽状複葉、小葉は5~7個が多く、卵形で、鋸歯があり、先が尖る。下部では対生するが、上部では互生する。1回羽状のときは葉の最終小葉の下部外側が深く切れ込み、裂片が小葉のようになる。頭花は直径7~10㎜。舌状花は黄色で、0~5個と数が一定せず、草が弱っていると少ない時が多い。総苞片は1列、8~10個。果実は長さ9~19㎜、幅1㎜の四角柱形、褐色で、表面に暗褐色の細かい粒状の突起が多数あり、まばらに上向きの刺状毛がある。果実先端の芒は長さが一定せず、3~5個つき、下向きの小刺がある。
 舌状花がないとコセンダングサと似て、混同されやすい。コセンダングサより葉の裂片の間隔が狭い。
 舌状花が黄色の類似種としては、コバノセンダングサがある。
[花期] 9~10月
[草丈] 30~150㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 道端、空地
[分布] 在来種 関東地方以西、四国、九州、
[撮影] 西尾市(幡豆町)  11.9.8
TOP Back