コハコベ  小繁縷
[中国名]

繁缕 fan lu

[英名] common chickweed
[学名] Stellaria media (L.) Vill.
ナデシコ科 Caryophyllaceae  ハコベ属
三河の植物観察
コハコベの花
コハコベの花柱
コハコベの果実
コハコベの果被
コハコベの種子
コハコベ
コハコベ葉
コハコベ茎
 日本には明治以降に帰化したとされ、世界全体に帰化。
 茎はよく分枝し、片側にだけ1列に軟毛が生える。茎の色は普通、赤紫色を帯び、日陰に生えるものは緑色のものも多い。葉は長さ10~25(U.S.A:5~40)㎜、幅5~15(U.S.A::2~20)㎜。普通は小さく、上部の葉には柄がない。花柄は長さ.7~14㎜、1列に毛があり、毛が2列に反対側につくものもある。花は直径6~7(U.S.A:2~5)㎜、白色。萼片5個、長さ3~4(U.S.A:4.5~5(6))㎜、果時には大きくなる。萼には毛があり、毛の量は多少し、まれに萼に毛のないものもある。花弁は萼片より短く(U.S.A:長さ1~4㎜又は萼片の長さの0.7~0.9倍)、基部まで裂け、10弁に見える。雌しべ1個、花柱は3個。雄しべは(1)3~5(7)(U.S.A:3~5(8))個。蒴果は長さ3~5㎜の卵形~惰円形。種子は直径1~1.2(U.S.A:0.9~1.3)㎜のほぼ円盤形で、周囲に突起がある。突起の先は円い。果柄は長さ3~40㎜。2n=40,42,44
 U.S.A:は数値がやや違うFlora of North Americaのデータ
 ヒメコハコベ Stellaria media var. micrantha (Hayata) T.S.Liu et S.S.Ying(=Stellaria micrantha Hayata )は多年草、草丈10~25㎝、葉が長さ8~10㎜、幅 5~7㎜と小さく、萼片が長さ2~2.5㎜と小さいものであり、Flora of China では変種として区別している。
 類似の在来種のミドリハコベは茎が暗紫色を帯びず、雄しべの数が5~10個と多く、種子の突起がやや尖る。茎が緑色のコハコベとは判別が難しく、種子を調べる必要がある。コハコベ、ミドリハコベ、イヌコハコベはよく似ており、形態で判別が困難な場合もあり、正確な判別には染色体数の調査が必要となる。
 ウシハコベは大型で、花柱が5個。他によく似た種としてはノミノフスマノミノツヅリがあげられる。
[花期] 3~9月
[草丈] 5~30(40)㎝
[生活型] 越年草
[生育場所] 道端、山野
[分布] 帰化種 ヨーロッパ原産 
[撮影] 蒲郡市形原町 02.3.10
TOP Back